Skip to Content

自動車メーカーで高まるサプライチェーン・ネットワークのコラボレーションの必要性

8月 15, 2021 By インフォアジャパン、マーケティングディレクター 北川 裕康


自動車に対する個人の価値観の変化や経済的状況により、消費者行動の劇的な変化がみられます。一方で、IoTやソーシャルメディア分析などで、調査、生産から販売、保守に渡り、膨大なデータが収集できる環境になっています。このため、自動車メーカーとそのサプライヤーは、RPAやデータの収集・交換、ワークロフローなど様々な方法でコラボレーションを進めており、製品イノベーションのためのインサイトを提供しています。企業間でコラボレーションによる行動を可能にするのですが、それはすべて透明性から始まります。

しかし、信頼があり、透明性が高いコラボレーションを築くには、特定のテクノロジーやワークフローを使用するだけでは不十分です。その核となるのは、自動車メーカーとそのサプライヤーの企業文化を、顧客を中心とした視点で、あらゆる階層で変えていくことです。自動車業界の真のリーダーである企業は、自社の利益だけでなく、サプライネットワーク全体の健全性を考慮します。このような変革を行うには、ほとんどすべての本質的な変革と同様に、経営者レベルからの変革が必要です。

自動車メーカーとそのサプライヤーの企業文化を、顧客を中心とした視点で、あらゆる階層で変えていくことが重要
自動車メーカーとそのサプライヤーの企業文化を、顧客を中心とした視点で、あらゆる階層で変えていくことが重要

ネットワークコラボレーションでは、データの収集方法、測定方法、利用方法を見直すことが重要です。組織は、サイロをなくし、ITアプリケーションを統合して、すべての関係者が重要なデータにアクセスできるようにしなければならない。また、データが悪用されないことを保証しながら、外部パートナーが関係者間の可視性を高める方法を模索する必要があります。そうして初めて、関係者全員がお互いに信頼し合い、効果的なコラボレーションを構築することができるのです。

コラボレーションの欠如により、サプライチェーン全体の需要シグナルが変動
コラボレーションの欠如により、サプライチェーン全体の需要シグナルが変動

注文の正確さ、輸送費、注文の遅れなどを確認するのは簡単なように見えますが、それは質の高いデータが利用できるかどうかにかかっています。残念ながら、パートナー間のコラボレーションと信頼関係が確立されていなければ、品質を確保することは困難です。データの品質は、活用されて初めて高めることができます。

しかし、ネットワークプラットフォームやデジタルサプライネットワークを介して企業が連携すれば、ティア2、ティア3のパートナーにはハード面でのコスト削減というメリットが得られ、その結果、顧客やOEM企業には価値や顧客満足度というメリットがもたらされ、関係者全員に好循環をもたらし、健全で弾力性のあるサプライチェーンを構築することができます。

不確実な時代に求められるレジリエントなサプライネットワーク
不確実な時代に求められるレジリエントなサプライネットワーク

サプライチェーンの回復力の構築については、こちらのDeloitte社の見解をぜひご覧ください。

以下のフィルターで検索
  • Manufacturing
  • Supply Chain
  • Technology
業界
  • 自動車
地域
  • APAC
関連ページ
お気軽にお問い合せください。

弊社より近日中にご連絡いたします。

インフォアはあなたのプライバシーを大切にします.