Skip to Content

資産管理(EAM)システムを活用した安全でコンプライアンスを遵守した職場の再構築

5月 5, 2021 By インフォアジャパン、マーケティングディレクター 北川 裕康


クリーンで安全な作業環境を維持することは、もはや資産管理(EAM)のためのだけの重要な要素ではありません。今や、アフターコロナにおいて、世界を仕事に復帰させるための最低要件となっています。私たちの新しい常識では、世界中の組織は、清掃と衛生習慣を改善するだけでなく、これらの習慣を適時、所定の方法で守ってきたことを監査で証明することが求められています。

医療などの業界では、現場の労働者のためのプロトコルを公表するだけでは不十分です。あらゆる業種のすべての従業員は、物理的な環境を安全に保つための新しいガイドラインの対象となります。現場の技術者や管理者から倉庫の店員や施設管理者まで、誰もが新しい働き方を採用する必要があります。

保護具、物理的な距離感、機器の共有などに対処するための自主的なガイドラインが、国内および世界的な組織によって発行されています。しかし、雇用主は、労働者の健康を保護し、組織のリスクを防ぐために、独自の要求基準を作成し、実施する必要があります。

資産管理システムは、トレーニング、認証、および現場でのチェックを追跡することができます。これにより、作業に必要なスキルだけでなく、安全でクリーンなプロトコルの認証に関する現在の状況に基づいて、従業員のスケジュールが組まれるようにすることができます。資産管理ソリューションは、特にクラウドで展開されている場合には、リモートからセキュアにアクセスでき、ビジネスの混乱をなくすのにも役立ちます。

米国のRainbow市水道局は、コロナウイルスの影響でシェルター・アット・ホーム(自宅に避難すること)を余儀なくされる直前に、資産管理、請求書発行、財務の各ソリューションをクラウドベースのプラットフォームに移行しました。同地区は48時間以内に遠隔地の環境に移行することができ、サービスや対応時間に支障をきたすことなく作業員の安全を確保することができました。

詳しくは、従業員によるクリーンな作業の確保や安全な職場復帰のための5ステップガイドをご覧ください。さらに詳しい資料として、ベストプラクティスガイドも用意しております。

以下のフィルターで検索
  • Asset management
  • Cloud
業界
  • 自動車
  • 航空宇宙・防衛
  • 化学
  • 流通・卸売
  • エネルギー
  • ファッション
  • 食品・飲料
  • ハイテク・電子・電機
  • ホテル
  • 産業用機械・装置製造
  • 工業用製品・素材加工
  • ロジスティクス・3PL
  • 石油・ガス
  • 小売
  • 交通
  • 電力・公益
製品
  • Infor EAM
地域
  • APAC
お気軽にお問い合せください。

弊社より近日中にご連絡いたします。

インフォアはあなたのプライバシーを大切にします.