Skip to Content

デジタルによる破壊的インパクト(全2回)パート1

5月 10, 2021 By インフォアジャパン、マーケティングディレクター 北川 裕康


DXは、デジタルがもたらす新たなパラダイムシフトです。
テクノロジーがビジネスの屋台骨となった今、テクノロジーの急速な浮き沈みはビジネスのさまざまな側面に大きな影響を及ぼすことになるだろうと考えられます。

世界経済フォーラム主宰のクラウス・シュワブ氏(経済学者)曰く、「新しい世界では、大きな魚が小さな魚を食べるのではなく、速い魚が遅い魚を食べるのです。」です。規模の経済ではなく、スピードが求められます。これからの時代をリードする最良のポジションを獲得するためには、企業は常に新しい世界に目を向けながら、新しいビジネス基盤を構築して、デジタルプラットフォームの価値を最大限に生かしていかなければなりません。それも誰よりも速く、そして、早くです。

そもそもDXはビジネス目的を達成するための変革です。単なる最適化ではありません。単なるITの活用ではありません。

その目的は、4つあります。それは、継続的な売り上げの成長、コストの削減、プロセス効率の向上、そして、リスクの軽減です。これを達成するデジタル戦略が大事です。経営主導のデジタル戦略をバリューチェーン全体に導入し、デジタルプラットフォームを構築して、顧客やエコシステムとつながることは、IT企業にとどまらず、すべての企業の最優先の経営課題になります。

DXとは、ソフトウェアを活用してビジネスのあり方を変えることです。これには2つの側面があります。ひとつは自動化です。ここでは、コネクテッド・ビジネス時代に向けて、より効果的でインパクトのあるプロセスをデジタル化することができます。これは、デジタルバックボーンを通じて、既存のプロセスの効率化と効果を促進することです。

  • 自動化された、顧客が設定した見積書から注文プロセスへ
  • サプライチェーン全体でのコラボレーションと可視性
  • 生産、倉庫、物流におけるバーコードとRFIDによる労働力の生産性
  • 予防保全プラント
  • 受注、仕様書、入札の電子文書管理

しかし、デジタルのもう一方の側面こそが、この変革の時代において最もエキサイティングなものです。差別化とは、アプローチを再考し、データに基づいた新しい方法で、より高度な体験、サービス、製品を提供することを意味します。

  • サブスクリプション、レンタル、消費課金を含む新しいビジネスモデル
  • アフターマーケットサービスをビジネス
  • 顧客サイトでのスペアパーツの3D印刷 - 在庫をバーチャルに保有
  • 予測保全-顧客機器-ダイナミックなサービス契約を生む
  • テレマティクスとデータサイエンスで「顧客のための車両利用率」を最適化

ただ、こういう領域は、すぐに模倣されて、追いつかれる。それがデジタルの怖い部分です。

  1. 既存のビジネスプロセスを自動化または最適化するため(デジタルイニシアチブの大部分)
  2. ビジネスの差別化を図り、新しいビジネスモデルを構築するため(新技術によってのみ可能になる)

の両面で、DXを活用する必要があります。

次回は、もう少し具体的に、活用方法をみていきたいと思います。

以下のフィルターで検索
  • Technology
  • Trends
地域
  • APAC
お気軽にお問い合せください。

弊社より近日中にご連絡いたします。

インフォアはあなたのプライバシーを大切にします.