食品安全問題の特定と対応

5月 16, 2021 By インフォアジャパン、マーケティングディレクター 北川 裕康


米国疾病管理センター(CDC)の推計によると、毎年、約4,800万人のアメリカ人が食中毒にかかり、12万8,000人が入院し、3,000人が死亡しています。日本では、厚生労働省の食中毒発生状況をみると、令和2年では患者数は14,613人、死者3名と、アメリカに比較するとかなり低い数ですが、それでも毎年2万人くらいの患者数を出しています。食中毒の発生は、公衆衛生上の重要な問題であることは言うまでもありませんが、食品・飲料メーカーが直面する大きな財務リスクの一つでもあります。

2011年、米国食品医薬品局(FDA)は、食品安全近代化法(FSMA)を制定し、米国の食品安全システムを大幅に改善しました。最初の規則は2015年に施行されましたが、その後も継続的に新しい規則が発表されており、2024年まで継続される予定です。米国向けに輸出する日本の食品関連事業者にも対応が必要です。これらのルールは、食品・飲料メーカーに、食品安全上の問題をより積極的に防止することを求めています。これは、予防管理を確立するだけでなく、それらのルールを検証し、その過程の各ステップを文書化することを意味します。

食品安全上の問題が発生した場合、バッチ、ロット、および出荷を数分以内に特定する必要があります。製造業者は、農場から食卓まで、そしてその間にあるすべてのものを、成分レベルで完全に可視化しながら、サプライチェーン全体を通して製品のあらゆる側面を追跡できなければなりません。これは、複雑なサプライチェーンが複数の国際的な国境をまたぎ、原材料が遠隔地から調達されている場合には、さらに困難になります。

トレーサビリティソリューションは、徹底したトレーサビリティ情報を提供することで、製品の品質や安全性に問題があると思われるすべての完成品や原材料を迅速に隔離し、回収することで、これらの問題に正確に対処することができます。最新のERPシステムのロットリコール分析機能により、メーカーは原材料やパッケージがどこから来たのか、どのように加工されたのか、どのように消費されたのか、そして最終製品がどこに出荷されたのかを正確に特定することができます。

リコールの直接的な影響とコストは計算できますが、ブランドへの間接的なダメージを定量化することははるかに困難です。需要側、供給側の両方のビジネスパートナーが、その問題に関連することが自社ブランドの潜在的なリスクとなるため、ビジネスを別の場所に移し始めるかもしれません。そうなると、企業は積極的にビジネスを展開するのではなく、生き残りをかけた努力をしなければならなくなります。

幸いなことに、すべての食品安全問題が、大規模なリコール(または訴訟)を伴う壊滅的な規模で発生するわけではありません。より一般的には、生産者や加工業者が、品質管理が誤って破られ、原材料や完成品の多くが汚染されていることを発見します。テクノロジーは、原材料の出所を迅速かつ正確に追跡するためのツールを提供することで、品質上の有害事象の抑制をサプライチェーン全体で迅速に調整・実行することができます。また、このような透明性の確保は、サプライチェーン全体の信頼構築にもつながります。

食品・飲料メーカーが食品安全上の問題をどのように特定し、対応するかについての詳細は、ベストプラクティスガイドをダウンロードしてご覧ください。「食品・飲料メーカーがサプライチェーンの透明性を高めるためのベストプラクティス」をダウンロードしてください。

以下のフィルターで検索
  • ERP
  • Supply Chain
業界
  • 食品・飲料
製品
  • Infor Nexus
  • Infor SCM
  • Supply Chain Visibility
地域
  • APAC
お気軽にお問い合せください。

弊社よりご連絡いたします。