Skip to Content

切っても切り離せない関係~インダストリー4.0と高度なワークフォース管理

7月 11, 2021 By インフォアジャパン、マーケティングディレクター 北川 裕康


第4次産業革命とも呼ばれるインダストリー4.0は、人間と機械が協調して働く新しい世界であり、メーカーに大きなビジネスチャンスをもたらします。一方で、機械による自動化や人工知能が、人間の仕事を奪うという恐れは常に存在します。少し古いですが2019年のマッキンゼー・アンド・カンパニーと世界経済フォーラムの調査「Industry 4.0: Capturing the value at scale in discrete manufacturing」によると、製造業やサプライヤーがインダストリー4.0によって生み出す価値は、2025年までに3兆7,000億ドルに達する可能性があるとされています。インダストリー4.0への変革は、プロセス、資産管理、顧客体験、ワークフォース管理など、製造業のほぼすべての側面に関わるものです。インダストリー4.0は、自動化や更なる工場の工業化(スマート化)がテーマですが、実際はその大部分は人を中心とした変革です。インダストリー4.0を実現するためには、次世代の社員を雇用し、配置し、維持し、継続的に教育する必要があります。

上記調査でマッキンゼー社は、「新しいデジタルツールの導入だけに焦点を当て、組織を完全に有効化しない場合、インダストリー4.0の導入は、せいぜいアプリケーション固有の価値を獲得するにとどまるでしょう」と述べています。また、「組織が持つ事業領域やプロセスに関する専門知識を活用し、新しいスキルセットや能力を持続的に構築することで、企業全体に継続的な影響を与える変革を成功させることができます」とも述べています。インダストリー4.0のビジネスモデルへの移行を成功させるには、次世代のワークフォース管理ソリューションが必要です。また、衰退しかねない現在のビジネスを克服するためには、これらの新しいソリューションを賢く導入し、人や組織を変革することが必要です。

インダストリー4.0と高度なワークフォースの例を挙げます。PricewaterhouseCoopers社とThe Manufacturing Institute社の最近の調査によると、メーカーは今後数年間でインダストリー4.0への移行が加速すると予想しており、73%がこのペースに合わせるために、来年以降スマートファクトリー技術への投資を増やす予定です。その回答者の70%は、今後5年間にロボット工学が労働力に与える最大の影響は、より自動化された柔軟な生産環境で管理できる人材の必要性の高まりと、ロボット工学とそのオペレーティングシステムのエンジニアリングを行う新たな仕事の創出であるとしています。

インダストリー4.0への移行が起こり、人間と機械の間に新たな関係が生まれることは明らかです。しかし、具体的にどのように移行するのかは明らかになっていません。インダストリー4.0について分かっていること、そして分かっていないことに対処するために、メーカーはワークフォースマネジメント技術と人材に投資し、インダストリー4.0に内在する機会を活用できるようにする必要があります。

詳しくは「インダストリー4.0~製造業の新たな時代を切り拓く」をダウンロードしてご一読ください。インダストリー4.0の新しい時代でスマートマニュファクチャリングを実現するために、メーカーが今やるべきこと、DXのパワーを取り込んで効率化とスピード化を進めるための4本柱について考察しています。

以下のフィルターで検索
  • Manufacturing
  • Technology
  • Trends
業界
  • 自動車
  • 航空宇宙・防衛
  • 化学
  • ファッション
  • 食品・飲料
  • ハイテク・電子・電機
  • 産業用機械・装置製造
  • 工業用製品・素材加工
製品
  • Infor Workforce Management
地域
  • APAC
お気軽にお問い合せください。

弊社より近日中にご連絡いたします。

インフォアはあなたのプライバシーを大切にします.