インダストリー 4.0によるスマートマニュファクチャリングによる効率化とスピード化を上げる

2月 24, 2021 By インフォアジャパン、マーケティングディレクター 北川 裕康


新型コロナウイルス感染症は当初、中国武漢を中心とした自動車等のサプライチェーンに影響しました。その後感染拡大に伴い、各国の需要減が国内製造業やグローバルのサプライチェーンを直撃しました。その結果、自動車等の国内生産拠点においても生産調整となる例が相次ぎました。そして、現在では、半導体不足が起こり、サプライチェーンの脆弱性が浮き彫りになっています。

経済産業省 厚生労働省 文部科学省の2020年版 ものづくり白書(令和元年度 ものづくり基盤技術の振興施策)をみると、「不確実性の高まる世界における我が国製造業の現状と課題を分析。不確実性に対応するためには、製造業の企業変革力(ダイナミック・ケイパビ リティ)を高める必要があり、その際デジタル化が有効。 デジタル化により製造業の設計力を強化し、企業変革力を高めて不確実性に対処するための方向性を示す。」あります。デジタル化がここでもキーワードです。その製造業のデジタル化といえば、インダストリー4.0があります。

インダストリー4.0とは、第4次産業革命とも呼ばれ(ある意味デジタル産業革命)、ドイツにおいて政府や産業界が主導して推進する製造業の国家戦略プロジェクトです。

製造業におけるITの活用に重点を置いており、AI(人工知能)IoT(モノのインターネット)といった新しいテクノロジーを積極的に取り入れて、繋がるスマートファクトリーにおいて製造業を改革することを目指しています。ドイツで主導されましたが、インダストリー4.0は、あらゆる国や業界を席捲しています。なぜなら、現在のデジタル社会において、製造業はインダストリー4.0によってデジタルの活用を必死に考え、適応し、進化しなければ、生き残れないからです。

製造業は、新しいテクノロジーの導入やプロセスの最適化を継続することによって、オペレーション上の数々の地殻変動を乗り切ってきましたが、インダストリー4.0の変革パワーを本当に手に入れることができた企業はまだいません。デジタル産業革命は、何百年にもわたる製造業でのイノベーションの進歩と最先端技術の融合です。最先端技術は、モノのインターネット (IoT)から人工知能 (AI) 、クラウドコンピューティング、スマートデータ交換、ロボット工学、自動化と精密化、デジタル化による効率的な製造、サービスの創造まで多岐に渡ります。

現在の製造業のランドスケープは、これまでの技術的な進歩と適用、最適化による成果の累積です。オペレーションを根本的かつ漸進的に変革することに取り組む意欲がさえあれば、未来の成功が約束されるほどに機は熟しています。今こそ、デジタル産業革命を取り入れて、スマートマニュファクチャリングによるさらなる効率化とスピード化を実現する時です。

インフォアのベストプラクティスガイド「インダストリー4.0スマートマニュファクチャリングによる効率化とスピード化のメリット」では、インダストリー4.0の変革を始める上で最適化すべき製造業の4つの主要分野を示し、それを支援するソフトウェアソリューションについての情報をご紹介しています。

以下のフィルターで検索
  • ERP
  • Manufacturing
  • Supply Chain
  • Technology
  • Trends
業界
  • 自動車
  • 航空宇宙・防衛
  • 化学
  • ファッション
  • 食品・飲料
  • ハイテク・電子・電機
  • 産業用機械・装置製造
  • 工業用製品・素材加工
製品
  • CloudSuite Aerospace
  • CloudSuite Automotive
  • CloudSuite Chemicals
  • CloudSuite Fashion
  • CloudSuite Food & Beverage
  • CloudSuite Industrial Enterprise
  • SyteLine
  • LN
  • M3
地域
  • APAC
お気軽にお問い合せください。

弊社よりご連絡いたします。

インフォアはあなたのプライバシーを大切にします.