Skip to Content

モダンなWMSによる倉庫管理におけるオペレーショナル・エクセレンスの実現

10月 10, 2021 By インフォアジャパン、マーケティングディレクター 北川 裕康


多くの企業では、倉庫のオペレーションに大きな変更を加えてから10年以上が経過していると思います。これは、倉庫が古いテクノロジーで運営されていることを意味し、競争力のあるテクノロジーを駆使したビジネスの要求を満たすことは非常に困難です。ビジネスのスピードが加速し、マージンが常に攻撃されている中、過去にはうまくいっていたことでも、将来的にはうまくいかないかもしれない、あるいは現在もうまくいっていないかもしれないことに気づいています。過去の強みが、現在の弱みになる時代です。ですからリスクは高いです。マッキンゼー・アンド・カンパニー社によると、世界中の企業が倉庫管理に費やしている費用は年間3,500億ドルで、ピックサイズの縮小や顧客の期待の変化に伴って年々増加しています。また、昨今のDXブームの中、倉庫管理はまだまだ労働集約型の業務で、デジタルによるトランフォーメションの可能性が高い分野です。

倉庫管理はまだまだ労働集約型の業務
倉庫管理はまだまだ労働集約型の業務

そのためには、優れたオペレーションを実現することが重要であり、そのためにはまず、だれもが信頼できるモダンな倉庫管理システム(WMS)を導入する必要があります。モダンなWMSは、倉庫業務のすべてのステージで追跡し、次のステージへガイドすることを可能にします。これにより、組織は効率を高め、生産性と顧客満足度を向上させ、コストのかかる失敗をなくし、さらには新しい社員をより容易に採用することができます。

なぜ今、近代化するのか?

多くの企業は、まだ過去の現実に生きています。一昔前までは、記録は紙ベースだったり、日々の取引に対応するのが難しい基本的なITシステムで構築されていました。まだ、それらが現役だということです。

今では、モダンなWMSを導入することで、オペレーションのあらゆる側面を常に完全に把握することができます。当時、倉庫のピッカーは、必要な商品がどこにあるのか、十分な在庫があるのか、自信がありませんでした。そのため、注文が不完全だったり、コストのかかるミスが発生したりすることもありました。以前は、カウンタースタッフは、直接顧客にサービスを提供するための倉庫ソリューションではなかったため、対面での良い体験をすることに苦労していました。

かつては、経営陣が業務の中核となる機能をリアルタイムに把握できない時代がありました。かつては、経営陣が業務の中核となる機能をリアルタイムで把握することはできませんでしたが、現在では、WMSがリアルタイムで在庫情報を提供し、企業全体のシステムとシームレスに統合することができるようになりました。

倉庫でオペレーショナル・エクセレンスを達成するためには、単に在庫効率を上げるだけではありません。それは、倉庫のあらゆる側面を最適化することです。例えば、予測される業務量に基づいて、理想的な数のピッカーやその他のスタッフを配置することなどです。また、AIを活用して、物理的なスペースを最大限に活用したり(異なる在庫アイテムに対する需要の変化に合わせて常に再構成)、ゾーン認識によってスタッフの移動時間を最小限に抑えたり(特に大規模な施設の場合)、ソーシャルメディアやその他の外部データソースに基づいて将来のチャネル需要を予測したりすることもできます。最新のWMSは、ビジネスのやり方が進化しても、市場が顧客の需要に合わせて変化しても、新しい技術のソリューションや機会が出現しても、長期にわたって卓越したオペレーションを維持する俊敏性を企業にもたらします。

2分で分かるインフォアの倉庫管理システム「Infor WMS」の特長(日本語字幕付き)。
2分で分かるインフォアの倉庫管理システム「Infor WMS」の特長(日本語字幕付き)。

おすすめのオンデマンド配信セミナー

製品カタログ

お気軽にお問い合せください。

弊社より近日中にご連絡いたします。

インフォアはあなたのプライバシーを大切にします.