IDCの調査報告書でInforのGT Nexusがサプライチェーン・コマースネットワークのリーダーに位置付けられる

Japan – 1月 21, 2019, 11:00 午前

あらゆる業界に特化したクラウド型業務ソフトウェアを展開する米Infor(以下インフォア)は、IT専門の調査会社としてグローバルなマーケットインテリジェンスを提供するIDCが、同社の発行する2018年のマルチエンタープライズ向けサプライチェーン・コマースネットワークに関する調査報告書「IDC MarketScape:Worldwide Multi-Enterprise Supply Chain Commerce Network 2018 Vendor Assessment (2018年12月発行、文書 #US44514117)」において、インフォアの 「GT Nexus」をリーダーに位置付けたことを発表しました。これは、サプライチェーン・ソリューションを提供する8つのプロバイダーのうち、インフォアのGT Nexusのマルチエンタープライズ機能が実現する、エンドツーエンドなサプライチェーンの可視化とオーケストレーション能力が評価された結果です。

サプライチェーン・コマースネットワークに関する2018年IDC MarketScapeの抜粋記事は、こちらから無料でダウンロードできます(英語)。

GT Nexusは、本報告書の他にも、2018年11月にガートナー社のマルチエンタープライズ・サプライチェーン・ビジネスネットワークについてのマジック・クアドラントにおいても、リーダーに位置づけられました。本記事については、こちらからご覧ください。

本調査報告書では、次のように述べられています。

「GT Nexusは、SCCN分野において実績のあるベンダーのソリューションとして、シングルインスタンスのネットワークプラットフォームにログインするだけで、すべての関係者がサプライチェーン上のパートナーと取引できる点において秀でています。加えてインフォアは、サプライチェーンのプロセスに関して最も広範な専門知識を有しています。すべてのアプリケーションが単一プラットフォーム上で構築されており、エンドツーエンドにシームレスなプロセスを構成しています。GT Nexusは、20年にわたって蓄積したコミュニティデータをもとに、ネットワークに関する洞察とデータ品質の管理サービスを提供する最大規模のサプライチェーンネットワークを構築しています。」

インフォアのGT Nexusは、製造から小売、工場、金融サービスプロバイダー、3PL、運送業界からなる60,000社が集まった世界最大規模のコマースネットワークです。マルチテナントのアーキテクチャで、多数の関係者間のコラボレーションを可能にし、ネットワーク上のデータを可視化し、シームレスなデータフローを実現します。20年にわたって蓄積されたサプライチェーンデータと、インフォアの人工知能である「Infor Coleman AI」および機械学習を組み合わせることで、サプライチェーンにおける重要な局面で最適な意思決定を支援し、予測的かつ処方的な分析を実現します。

インフォア、製造・サプライチェーンマネジメント担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼GMであるロッド・ジョンソン(Rod Johnson)は、次のように述べています。

「インテリジェンスベースのサプライチェーンを現実のものとするには、多数の異なる関係者や経済的階層、地理的制約、輸送モードを網羅したデジタル基盤を有し、加えて、唯一無二のデータの整合性を維持することが不可欠です。インフォアは、ネットワーク上の活動を常時モニタリング、および監督することができ、注意すべきイベントや異常があればフラグを立てることで、リアルタイムで予測的かつ処方的な分析能力を提供します。リスクのあるオーダーをライブで検知し、効率化の余地を発見することで能動的に問題に対処し、データのインテリジェンスをもとに優れた意思決定を行うことで、結果的には最終消費者により良いサービスを提供できるようになります。」

※当リリースは2018年12月21日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています
< https://www.infor.com/news/idc-marketscape-names-infor-gt-nexus-a-leader-in-supply-chain-commerce-networks >

IDC MarketScapeについて

IDC MarketScape のベンダー分析モデルは、特定市場のICT(情報および通信テクノロジー)の競合優位性に関する概要を提供することを目的としています。調査方法は、定性的、および定量的基準に基づく厳格な採点方法を用い、ベンダー企業の特定市場における位置付けを1つのグラフで表します。またIDC MarketScapeは、ITおよび通信ベンダーの製品、サービス、機能、戦略、現在、および将来的な市場における成功要因について、有意義に比較できる明確なフレームワークを提供します。このフレームワークは、テクノロジーの調達担当者に対し、現在および将来見込まれるベンダーの長所と短所を評価できるように全方向からの評価指標を提供します。

Infor GT Nexus Commerce Networkについて

Infor GT Nexus Commerce Network は、クラウドベースのマルチエンタープライズ向けの世界最大規模のコマースネットワークであり、グローバル取引とサプライチェーンマネジメントを支援します。さまざまな業界における60,000以上の取引で、マルチエンタープライズのコラボレーションプラットフォームの標準としてGT Nexus が利用されています。これには、Adidas GroupやCaterpillar社、Columbia Sportswear社、DHL社、 Electrolux社、Levi Strauss & Co社、Nestlé社、Puma社などが含まれます。GT Nexusに参加するすべての組織は、マルチサプライチェーン機能を使って、中核的で、リアルタイムかつ常時アップデートされる情報をもとにオペレーションを継続できます。オーダーした時点から最終的な支払に至るまで、製品や資金、取引に関わる情報のフローを最適化できるように支援するプラットフォームです。詳しくはwww.gtnexus.comをご覧ください。

■インフォア、インフォアジャパンについて

インフォアは、クラウドを用いた業界特化型のビジネスアプリケーションにおけるグローバルリーダーです。17,300人を超える社員が、170か所以上の地域で68,000以上のお客様を支援しています。インフォアのソフトウェアは、お客様の業務の進化に向けたデザインとなっています。さらに詳しくはwww.infor.com(英語)をご覧ください。インフォアジャパンは、米国インフォアの日本法人として、各種エンタープライズソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。詳しくは https://www.infor.com/ja-jp をご覧ください。

インフォアのお客様には下記が含まれます。

  • 航空宇宙企業20社のうち19社
  • ハイテク企業上位10社のうち9社
  • 米国最大のヘルスケア提供ネットワーク25のうち18
  • 米国の大都市20のうち18
  • 自動車サプライヤ上位20社のうち19社
  • 産業用製品販売上位20社のうち17社
  • グローバル小売企業上位20社のうち15社
  • 醸造企業上位5社のうち4社
  • グローバル銀行20行のうち17行
  • 最大規模のグローバルホテルブランド10社のうち9社
  • グローバルな高級ブランド上位10社のうち8社

■報道機関のお問い合わせ先

インフォアジャパン株式会社 広報担当:鳥羽

E-mail:Infor.JapanInfo@infor.com

インフォアジャパン株式会社 PRデスク(株式会社アクティオ内)

TEL:03-5771-6426 E-mail:Inforjapan-pr@actioinc.jp

ファイル
  • Press Releases
業界
  • Distribution
地域
  • APAC
お気軽にお問い合わせください。

弊社よりご連絡いたします。