インフォアジャパン、 クラウドBIプラットフォームの新版Birst 7を提供開始

Japan – 8月 26, 2019, 11:00 午前

エンタープライズ分析とセルフサービス分析のニーズに応える機能強化

あらゆる業界に特化したクラウド型業務ソフトウェアを展開する米Inforの日本法人インフォアジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役:ヘレン・マスターズ、以下インフォア)は、クラウドBIプラットフォーム「Birst」の新版「Birst 7」を本日より、日本市場で提供開始したことを発表します。Birst 7は、単一のプラットフォームで中央管理されたエンタープライズ分析と分散した各部門の業務担当者によるセルフサービス分析を提供するための機能を強化しています。拡張性とスピードを重視して設計された最新のユーザーインターフェイスにより、自由度と制御のバランスをとりながら、信頼性の高い、管理された洞察を組織全体に提供できるようになります。

Birst 7は、特許取得済みのデータウェアハウジングの自動化技術により、エンタープライズ分析向けのデータモデリングの新しいアプローチを実現しています。また、新しい監査機能や、よりきめ細かいユーザー管理機能など、エンタープライズ分析やセルフサービス分析を実現するための管理モジュールが拡張されます。これらの新機能によりコンプライアンスとガバナンスの中央管理を維持しながら、データモデリングを各主管部門に委ねることができます。

Birst 7 の主な新機能

  • エンタープライズ/セルフサービスのテナントの管理:中央管理された(エンタープライズ分析用)テナントと分散管理された(セルフサービス分析用)テナントをワンクリックで作成できる、統一された使いやすいインターフェイスを追加しました。エンタープライズ/セルフサービスのテナントを複製する機能も含まれます。
  • ADRテクノロジーによるモデリング:特許取得済みのAutomated Data Refinement (ADR)テクノロジーにより、大規模で複雑なスキーマのモデリングが可能になります。エンタープライズ分析向けのADRスクリプトソースやクローンソース、レベルと粒度を単一のユーザーインターフェイスで作成・更新できる機能も含まれます。
  • Birst Smart Analytics 機械学習アルゴリズムにより、これまでユーザーが活用できなかったインテリジェントなインサイトを提供します。
  • Birst Connect 2.0:クラウド上で網羅的に管理可能な「Birst Connect 2.0」コネクティビティ・フレームワークを追加しています。高度な解析機能やエンタープライズ/セルフサービス間での共有接続、複雑なフラットファイルを簡単にアップロードするための使いやすいインターフェイスなど、ワンクリックでソースにライブアクセスできる機能が充実しています。
  • セルフサービス向けローカライズ:完全なアプリケーション・メタデータとユーザー定義オブジェクトのローカライズを、日本語を含む40以上の言語で提供し、セルフサービス分析向けにパーソナライズされたユーザー体験を提供します。
  • 変数や行レベルのセキュリティを管理するセルフサービス向けインターフェイス:複雑な変数や行レベルのセキュリティをテナントレベルで作成・管理するための新しいインターフェイスを追加し、セルフサービス分析向けに豊富なカスタマイズ機能とパーソナライズ機能を提供します。
  • クローニング管理機能:複雑なデータオーケストレーション・ワークフローをクローニングする管理機能により、テナントの所有権をエンタープライズ/セルフサービス間で移転し、テナントの抽出と処理を明確化し、セルフサービス分析を制限付きでモニタリングできます。
  • セルフサービス向けデータ準備機能:複雑なSQLやスクリプトなしに行から列へシームレスにデータを入れ替えられる高度なピボット変換を追加しています。
  • APIエンドポイント:新しいアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)エンドポイント機能により、印刷可能なフォーマット化された出力を生成します。PowerPointにエクスポートして、レポートやダッシュボード全体を視覚化できます。

■提供形態

既にBirstを導入済みのお客様は、順次Birst 7をご利用いただけます。Birstは、クラウドベースのSaaS製品としてだけではなく、オンプレミス環境で仮想アプライアンスとしても実装でき、クラウド環境と同様の豊富な機能やアップグレード、サポートなどを利用可能です。また、組織の戦略や運用に合わせて、実装モデルを柔軟に移行できます。

Birstについて
Birstは、「ネットワークBI」というコンセプトをもとに設計されたマルチテナント対応のクラウドベースのBIプラットフォームです。組織内の様々な部門で管理される分析データモデルを連携させ、データと人を接続することで、新しいレベルの信頼できる洞察を提供し、意思決定を支援します。Birstは、高い接続性と拡張性により、大企業の中央管理されたエンタープライズ分析から各部門の業務担当者にも使い易いセルフサービス分析にまで対応します。詳しくは、https://www.infor.com/ja-jp/products/birstをご覧ください。

●インフォア、インフォアジャパンについて
インフォアは、クラウドを用いた業界特化型のビジネスアプリケーションにおけるグローバルリーダーです。17,300人を超える社員が、170か所以上の地域で68,000以上のお客様を支援しています。インフォアのソフトウェアは、お客様の業務の進化に向けたデザインとなっています。さらに詳しくはwww.infor.com(英語)をご覧ください。インフォアジャパンは、米国インフォアの日本法人として、各種エンタープライズソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。詳しくは https://www.infor.com/ja-jp/ をご覧ください。

インフォアのお客様には下記が含まれます。

• 航空宇宙企業20社
• ハイテク企業上位10社のうち9社
• 米国最大のヘルスケア提供ネットワーク25のうち14社
• 米国の大都市20のうち19
• 自動車サプライヤ上位20社のうち18社
• 産業用製品販売上位20社のうち14社
• グローバル小売企業上位20社のうち13社
• 醸造企業上位5社のうち4社
• グローバル銀行20行のうち17行
• 最大規模のグローバルホテルブランド10社のうち9社
• グローバルな高級ブランド上位10社のうち7社


本プレスリリースには、本文に記載されている特定の製品に関するインフォアの方針が反映されており、使用者への通知の有無に関わらず、それらすべてはインフォア単独の裁量で変更される場合があります。本発表はいかなる形であっても使用者に何ら約束するものではなく、使用者はいかなる判断も本書またはその内容に基づいて行うべきではありません。インフォアは、特定の拡張機能、アップグレード、製品、機能の開発または提供については、たとえ本書に記載されていたとしても、あるいは「予想する」、「信じる」、 「期待する」、「意図する」、「はずである」、「計画する」「予定する」、「予測する」、「すべき」、「します」や、これらに類似する表現を伴う記載があったとしても、それを約束するものではありません。多くの要因がインフォアの製品開発計画やその性質、コンテンツ、製品リリースの時期に影響する可能性があり、全てはインフォア単独の裁量で変更される場合があります。本発表の全文または一部は、インフォアやその子会社、関連会社とのいかなる契約文書にも組み込まれるものではありません。インフォアは、本発表に関するいかなる責任も明確に放棄します。

■報道機関のお問い合わせ先
インフォアジャパン株式会社 PRデスク(株式会社アクティオ内)
TEL:03-5771-6426 E-mail:Inforjapan-pr@actioinc.jp

ファイル
  • Press Releases
製品
  • Birst
地域
  • APAC
お気軽にお問い合わせください。

弊社よりご連絡いたします。

Or connect via: Linkedin