ドバイの産業用製品・サービスの大手Supertech Groupが組立製造の生産能力改善のためInfor LNを導入

Japan – 10月 31, 2019, 11:00 午前

あらゆる業界に特化したクラウド型業務ソフトウェアを展開する米Infor(以下インフォア)は、ドバイ首長国のジュベル・アリ地区に位置する経済特区であるジュベル・アリ・フリーゾーンに本社を置くSupertech Groupが、受注から設計、販売、アフターセールスに至るまでの業務を変革するために、大規模組立製造業に特化したインフォアのERPソリューションであるInfor LNを採用したことを発表します。本プロジェクトは、Supertech Groupが事業展開するアラブ首長国連邦およびアブダビ、カタール、インドにわたって、80人のユーザーを対象として6か月間で導入する計画であり、インフォアのパートナーであるPiersoft社が導入を指揮します。

Supertech Groupは、石油・ガス、石油化学、食品・飲料、発電、鉄鋼、自動車、海運、その他の工業向け産業用製品およびサービスを提供する、中東およびインドのリーディングカンパニーです。 

Supertech Groupは、過去10年にわたって、他のERPソリューションを利用してきました。同システムは、基本的な流通業務を支援するという点においては、十分に機能していました。しかし、同社がさらなるビジネスの成長と多様化を図るためには、顧客のニーズに応じてカスタマイズしたソリューションを設計、構築、設置でき、より付加価値の高いサービスを提供する企業への変革を支援し組立製造業の複雑さにも対応できる、より近代的なソリューションを必要としていました。同社は、Infor LNが業界特化型の優れた機能を備えた国際的に実績の高いソリューションであること、そしてインフォアとPiersoft社による導入チームの専門性の高さが実証されていることを評価して、Infor LNを採用することを決定しました。

Supertech Group、マネージングディレクター、Deepak Odhrani氏

Supertech GroupのマネージングディレクターであるDeepak Odhrani氏は、次のように述べています。
「弊社は、同族経営ならではの、ビジネス全体にわたって効果的に意思決定を実行できる組織構造となっており、ステークホルダーが支配するといった典型的なボトルネックがありません。つまり、当社がInfor LNを選択したということは、ユーザーから会長に至るまで、チーム全員の決定事項だったということです。旧システムでは、社員が個別に回避策や抜け穴を利用することが多々ありましたが、Infor LNによって、ワークフロー駆動型の環境を実現すれば、業務を改善するための仕組み作りができると考えています。Infor LNがあれば、社員の生産性を高めるだけでなく、関係者全員が、情報を探しまわって承認や再承認のために時間をムダにすることがなくなるでしょう。最終的には、顧客が求めるカスタマイズを設計および実装するために、より多くの価値のある時間を費やせるようになります。」

Piersoft社によるInfor LNの導入プロジェクトは2019年9月に開始し、Supertech Groupの新会計年度である2020年4月に先立って、2月にテスト運用を実施する予定です。

Infor LNの採用にあたっては、ソリューション全体にわたって高度な機能が備わっていることも理由のひとつでした。特に、Supertech Groupの目を引いた機能のひとつが、製品の保証に関する情報を捕捉して管理できる機能です。これは、Supertech Groupの顧客の品質監査のために不可欠な機能です。また、Infor LNは、販売から会計までのプロセスだけでなく、設計から受注に至るまでのサイクルを統合しており、Supertech Groupでは、多様な製品で異なる価格設定の方法を採用していることから、在庫評価が不正確になるという課題を抱えていましたが、こうしたサプライチェーンの問題においても、Infor LNは真価を発揮します。Infor LNは、複数の在庫評価方法に柔軟に対応できることから、在庫価値の精度を大幅に改善することができます。

Supertech Groupの共同マネージングディレクターであるJitendra Odhrani氏は、次のように述べています。
「Infor LNを使って、修理、改装、保全といった業務における管理能力を高め、生産性を改善できることを楽しみにしています。特に、これらは社内を含む様々な場所で導入されるため、なおさら効果を期待しています。こうした作業を効率的に計画、管理して、リソースを最適に活用することができれば、この能力を武器に競争力を手に入れられるでしょう。」

インフォア、中東・アフリカ地域担当ゼネラルマネージャーであるジョナサン・ウッド(Jonathan Wood)は、次のように述べています。
「プロジェクトの成功の大部分は、いかにすべての関係者間で良好なチームワークを形成できるかどうかにかかっています。インフォアは、実績の高いパートナーであるPiersoft社と協力し、Supertech Group独自の要件を完全に実現できるよう目指します。」

※当リリースは、2019年10月2日にアラブ首長国連邦で発表されたリリースの抄訳をベースにしています。
< https://www.infor.com/news/supertech-group-deploys-infor-ln >

●Supertech Groupについて
Supertech Groupは、中東地域において45年以上にわたり、石油・ガス、石油化学、食品・飲料、電源、鉄鋼、自動車、海運、その他工業向けに、産業用製品および特定用途向けシステムを供給し、保守および修理サービスを提供する先進的な商社のひとつです。同グループは、最も名高いメーカー各社から、約5万点に及ぶ製品を仕入れています。同社は、ドバイ首長国のジュベル・アリ地区に位置する経済特区であるジュベル・アリ・フリーゾーンに本社を置き、ドバイ/北エミレーツ、アブダビ、カタール、オマーン、インドを戦略的拠点としています。

●インフォア、インフォアジャパンについて
インフォアは、クラウドを用いた業界特化型のビジネスアプリケーションにおけるグローバルリーダーです。17,300人を超える社員が、170か所以上の地域で68,000以上のお客様を支援しています。インフォアのソフトウェアは、お客様の業務の進化に向けたデザインとなっています。さらに詳しくはwww.infor.com(英語)をご覧ください。インフォアジャパンは、米国インフォアの日本法人として、各種エンタープライズソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。詳しくは https://www.infor.com/ja-jp/ をご覧ください。

インフォアのお客様には下記が含まれます。

  • 航空宇宙企業20社
  • ハイテク企業上位10社のうち9社
  • 米国最大のヘルスケア提供ネットワーク25のうち14社
  • 米国の大都市20のうち19
  • 自動車サプライヤ上位20社のうち18社
  • 産業用製品販売上位20社のうち14社
  • グローバル小売企業上位20社のうち13社
  • 醸造企業上位5社のうち4社
  • グローバル銀行20行のうち17行
  • 最大規模のグローバルホテルブランド10社のうち9社
  • グローバルな高級ブランド上位10社のうち7 社

●報道機関のお問い合わせ先
インフォアジャパン株式会社 PRデスク(株式会社アクティオ内)
TEL:03-5771-6426 E-mail:Inforjapan-pr@actioinc.jp

ファイル
  • Press Releases
業界
  • Distribution
製品
  • LN
地域
  • APAC
お気軽にお問い合わせください。

弊社よりご連絡いたします。

Or connect via: Linkedin