Skip to Content

インフォア、ガートナー社の2021年の製品中心型企業向けのクラウドERPについてのマジック・クアドラントにおいて、リーダーの1社として評価

Japan – 9月 10, 2021, 11:00 午前

業界特化型のクラウドERPであるInfor CloudSuiteが評価

業界特化型クラウドカンパニーである米Infor(以下インフォア)は、ガートナー社の2021年の「製品中心型企業向けクラウドERPについてのマジック・クアドラント」で、リーダーの1社として評価されたことを発表します。

インフォアが、ガートナー社の本マジック・クアドラントにおいてリーダーの1社として位置づけられたのは、インフォアのERPプラットフォームであるLNM3、そしてSyteLineを基盤とした業界特化型のクラウドERPであるInfor CloudSuiteが評価されたからであると、インフォアは考えています。

2021年8月24日に発行された、ガートナー社の2021年の製品中心型企業向けクラウドERPについてのマジック・クアドラントの全文はこちら(英語)からダウンロードできます。

インフォアの最高技術責任者(CTO)兼製品担当プレジデントであるソマ・ソマスンダラム(Soma Somasundaram)は、次のように述べています。
「インフォアは、ガートナー社の本マジック・クアドラントで、リーダーの1社として位置付けられたことを誇りに思います。インフォアは、APIおよびデータ中心に高度に構築された業界特化型のマルチテナントのクラウドERPソリューション(Infor CloudSuite)によって、市場における差別化を図っています。」

また、ソマは、次のように続けます。
「必要な機能があらかじめ構成されている、スマートかつモダンなインフォアのソリューションは、ビジネスの成長とデジタルトランスフォーメーション、より迅速なタイム・トゥ・バリュー、そして継続的な革新を支援します。インフォアのプラットフォームは、柔軟かつ拡張性が高く、業界標準のプラクティスがあらかじめ組み込まれ、使いやすいように設計されており、お客様はこうした利点を活用することができます。」

2021年の「製品中心型企業向けのクラウドERPについてのマジック・クアドラント」において、ガートナー社は、下記のように述べています。
「製品中心型企業向けのERP市場は、クラウド導入モデルへの移行を加速させています。ERPアプリケーションのリーダーは、本マジック・クラドラントを利用し、コンポーザブルなERP戦略の一環として、クラウドERPアプリケーションスイートを評価すべきです。」

ガートナー社のレポートによると、「2023年までに、ERPプラットフォームの刷新に成功した企業は、ビジネスの成果を達成するためのITにおけるアジリティを、少なくとも40%向上させることができるだろう」とあります。

また、同レポートには、「2023年までに、製品中心型企業の60%が、コンポーザブルなERPプラットフォーム上で標準化されたERP機能を利用するようになるだろう」 とも記されています。

さらに、ガートナー社は本レポートの中で、「2024年までに、エンタープライズSaaSアプリケーションの60%が、データ、アナリティクス・インサイトおよび運用アプリケーションサービスでもってパッケージ化されたビジネス機能で構成されるようになる」 と述べています。

Infor CloudSuiteは業界に特化され、Amazon Web Services(AWS)の安全で拡張性の高いインフラストラクチャ上でクラウドサービスとして提供されます。さらにインフォアの先進的なテクノロジープラットフォームであるInfor OSを活用することで、次世代のユーザー体験、統合およびワークフローを促進し、生産性とコラボレーションの向上を支援します。詳しくは、https://www.infor.com/ja-jp/solutions/erp/industry-erp をご覧ください。

※当リリースは、2021年8月27日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています。
< https://www.infor.com/news/infor-leader-2021-gartner-mq-cloud-erp >

※当リリースは、2021年8月24日に発行された下記ガートナー社のレポートに言及しています。
Gartner, Magic Quadrant for Cloud ERP for Product-Centric Enterprises, Tim Faith, Denis Torii, Paul Schenck, Dixie John, Abhishek Singh, 24 August 2021

ガートナーおよび マジック・クアドラントは、Gartner, Inc.またはその関連会社の米国および/またはその他の国における登録商標であり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.

ガートナー免責事項

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。

インフォア、インフォアジャパンについて

インフォアは、業界特化型のビジネスクラウドソフトウェアにおけるグローバルリーダーです。世界175か所以上の地域で65,000社以上のお客様に対して、より多くの価値を、より少ないリスクで提供し、持続可能な運用優位性を実現するよう設計された、ミッションクリティカルなエンタープライズアプリケーションを展開しています。インフォアの17,000人の従業員は、深い業界の専門知識やデータに基づくインサイトを活用して、新ビジネスや業界特有の課題を解決するための創造、学習、迅速な適応を推進できるよう支援します。インフォアは、最新のツールにより、お客様のビジネス変革とイノベーションの加速を請け負います。さらに詳しくは< https://www.infor.com/ >(英語)をご覧ください。

インフォアジャパンは、米国インフォアの日本法人として、各種エンタープライズソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。詳しくは< https://www.infor.com/ja-jp/>をご覧ください。

※本文に記載の文字商標および図形商標は、インフォアおよびその関連会社、子会社の商標および登録商標です。その他のすべての商標は各所有者に帰属します。www.infor.com.

本プレスリリースには、本文に記載されている特定の製品に関するインフォアの方針が反映されており、使用者への通知の有無に関わらず、それらすべてはインフォア単独の裁量で変更される場合があります。本発表はいかなる形であっても使用者に何ら約束するものではなく、使用者はいかなる判断も本書またはその内容に基づいて行うべきではありません。インフォアは、特定の拡張機能、アップグレード、製品、機能の開発または提供については、たとえ本書に記載されていたとしても、あるいは「予想する」、「信じる」、 「期待する」、「意図する」、「はずである」、「計画する」「予定する」、「予測する」、「すべき」、「します」や、これらに類似する表現を伴う記載があったとしても、それを約束するものではありません。多くの要因がインフォアの製品開発計画やその性質、コンテンツ、製品リリースの時期に影響する可能性があり、全てはインフォア単独の裁量で変更される場合があります。本発表の全文または一部は、インフォアやその子会社、関連会社とのいかなる契約文書にも組み込まれるものではありません。インフォアは、本発表に関するいかなる責任も明確に放棄します。

報道機関のお問い合わせ先

インフォアジャパン株式会社 PRデスク(株式会社アクティオ内)

E-mail:Inforjapan-pr@actioinc.jp

以下のフィルターで検索
  • Press Releases
製品
  • CloudSuite
  • CloudSuite Automotive
  • CloudSuite Food & Beverage
  • SyteLine
  • LN
  • M3
  • CloudSuite Industrial
地域
  • APAC
お気軽にお問い合せください。

弊社より近日中にご連絡いたします。

インフォアはあなたのプライバシーを大切にします.