Dynamic Enterprise Performance Management

刻々と変わり続ける現場の状況を反映したインサイトを武器にする

革新的なパフォーマンスマネジメント

グローバル市場はさらに競争が激化しています。戦略的計画を立てても、すぐに変化に対応すべく変更できなければならない柔軟な対応力が求められています。収益に直結する現場の行動、顧客満足度を高める営業手段、生産現場の臨機応変な対応など、より現場に近い詳細な情報管理が必要です。従来型のソフトウェア機能では、こうした一連の活動の結果としての業績をKPIで確認し、後付けで計画を練り直すことしかできません。

競争力の高い組織は、ビジネス全体の業績を先行して見通すことができるビューを手に入れるために、革新的なパフォーマンスマネジメントソフトウェアを選択しています。こうしたソフトウェアが提供するツールを使うことで、過去の経験値と現在進行形のパフォーマンスを評価し、今何をすべきかというアクションを予測することができます。

インフォアの動的なパフォーマンスマネジメントソリューションであるInfor d/EPMは、あらゆる業界や業種によって異なる業務や会計情報を最も有効に活用できるインテリジェントなインサイトを提供します。インフォアのパフォーマンスマネジメントなら、組織全体を通してより多くのインサイトを手に入れ、より多くの情報にもとづく意思決定を行えるようになります。

特長

  • 詳細なレベルの分析と行動につながるインサイト
  • インメモリーのグリッドテクノロジー
  • 直接・間接的な作業にあたる人員の最適化
  • ワークフォースの計画と予測
  • いつでも、どこからでも、任意のデバイスからアクセス
  • タスク管理とワークフローを使ったコラボレーション
  • 多通貨対応

Dynamic Enterprise Performance Management Resources

機能とメリット

インテリジェントな会計業績管理

計画策定、予算編成、予測などの業務をひとつのシステムに統合することで、予測モデルの質が向上するだけでなく、業務計画やワークフォースの予算、売上見込みをすばやく確認できるようになります。戦略的計画を組み込み、実際のパフォーマンスと比較しながら常に状況をモニタリングします。さらにデータを連結することで、全社の完全な財務報告書を作成することも可能です。

詳細なレベルの分析と行動につながるインサイト

ビジネスインテリジェンス機能を使って、単なる情報を次にどんな手を打つべきかの指標となるインサイトに変換し、詳細なレベルでパフォーマンスを分析し、ユーザーが必要とするコンテキストで提供することで、データを競争力に変えます。メーカーもテクノロジーも異なる異種混合アプリケーションに閉じ込められた有益なデータを解き放ちつことで、業務全体のパフォーマンスをリアルタイムなビューで確認し、意思決定プロセスを迅速化します。また、生産計画を実行するのに必要な作業員を配置できるように最適化予測し、生産ラインが求める労務に関する問題を解消します。

リスクとコンプライアンスを総体的に管理

外部監査プロセスを整流化し、コンプライアンスにかかるコストを削減します。複数のビジネス環境でやり取りされているデータやユーザーアクセスを継続的かつ自動的にモニタリングし、総体的なビューで確認することができます。このように可視化とデータアクセスを簡素化することで、コンプライアンス違反やセキュリティ違反のリスクを最小化し、監査準備に必要な膨大な作業を節約することができます。

お気軽にお問い合わせください。

弊社よりご連絡いたします。