日本の自動車業界が、 グローバル市場で勝つために

White Paper

日本の自動車業界が、 グローバル市場で勝つために

海外拠点の基礎を固める4つのステップ

昨今、自動車業界の構造は、新興国における低価格市場の出現などにより、大きく変化しています。日本の完成車メーカーの多くは、海外市場に対応するために現地化を図りました。それに伴い、自動車部品メーカーも積極的に海外展開を加速しています。いまでは、日本の自動車関連産業に属する企業の多くは、海外売上高比率が 50% 以上になっています。

このような状況にあって、これまでの安定的なメーカーとの取引は徐々に薄らいできました。1 社との固定的な取引を行える土壌は縮小し、多くのライバル企業と QCD(品質:Quality、価格:Cost、納期:Delivery)のすべての面で競うことを要求されているのです。現在、自動車部品メーカーに求められているのは、適正在庫を維持し、メーカーからの品質要求にこたえ、ロット/シリアルの追跡をできるようにすることです。より広い視点からとらえて大きく分けると、以下の 4 つのポイントになるでしょう。

  • 現地に根付いた生産・販売・開発体制の確立
  • 本社を含む国内拠点との連携体制
  • 現地での調達を含めた最適調達
  • 第三国への供給を狙える国をまたいだサプライチェーンの構築

この 4 つがそろってこそ、積極的な新規取引の獲得に一歩を踏み出せるのです。

Please complete the form below

Fields with * are required.

お気軽にお問い合わせください。

弊社よりご連絡いたします。

Or connect via: Linkedin