【新社長人事】 インフォアジャパン、代表取締役社長に飯尾 光國が就任

Japan – November 01, 2018, 11:00 AM

本リリースのPDF版はこちら

あらゆる規模の企業にクラウド型業務ソフトウェアを展開する米インフォアの日本法人インフォアジャパン株式会社(東京都千代田区、以下インフォアジャパン)は、2018年11月1日付けで、飯尾 光國(いいお みつくに)が代表取締役社長に就任したことを発表します。

米インフォアのアジア太平洋地域担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー、ヘレン・マスターズ(Helen Masters)は以下のように述べています。
「日本は、インフォアにとって大きな可能性を秘めた、ビジネスの成長率の高い市場です。飯尾のIT業界での20年以上の経験と揺るぎない実績が、日本のインフォアのビジネスだけではなくお客様にも寄与し、企業や組織のデジタル化とクラウド移行を促進できると確信しています。」

今回の代表取締役社長就任にあたり、飯尾は以下のように述べています。
「インフォアで新しい取り組みにチャレンジできることを、大変喜ばしく思います。我々は日本においても、IoTやBI、AIといった最新テクノロジーを、業界特化のクラウドスイートと合わせて提供することで、日本のお客様の効率的な業務の最適化を支援します。さらには、日本のパートナービジネスを強化するために、パートナーのスキル構築支援のプログラムを改善し、効果的な提案を促進します。今後3年間で、新たに100人の認定技術者を養成することを目標としており、Inforの最新テクノロジーを推進するために不可欠なパートナーとのアライアンスも推進してまいります。」

飯尾は、インフォアジャパン入社以前は、日本テラデータ株式会社の執行役員 産業・サービス事業本部 事業本部長として、AIやディープラーニング、Hadoopなどの最新技術による新規ビジネスの拡大に注力していました。それ以前は、日本オラクル株式会社の常務執行役員 システム事業統括として、データベースやミドルウェア、クラウド/アプリケーション、コンサルティング部門と連携し、同社のビジネスを支えていました。それ以前は、日本ヒューレット・パッカード株式会社やEMCジャパン株式会社などで勤務しており、日本における市場拡大やデジタル化の促進に20年以上携わり続けています。

飯尾は米国コロラド州のメサ・ステート・カレッジで経営ファイナンスの学士号を取得しています。

なお、前任の三浦 信哉は、2018年11月1日をもって副社長執行役員 営業本部長に就任し、営業チームを統括します。

■インフォア、インフォアジャパンについて:
インフォアは、業界特化型のビジネスアプリケーションをクラウドで提供しています。17,000人を超える社員が、170か所以上の地域で68,000以上のお客様を支援しています。インフォアのソフトウェアは、お客様の業務の進化に向けたデザインとなっています。さらに詳しくはwww.infor.com(英語)をご覧ください。

インフォアジャパンは、米国インフォアの日本法人として、各種エンタープライズソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。詳しくは www.infor.jpをご覧ください。

Filed Under
  • Press Releases
Industry
  • Other
Product
  • Other
Region
  • APAC
Let’s Connect

We'll be in touch.