インフォア、製造業向けERPの最新版Infor SyteLine 9を日本市場で提供開始

Japan – July 07, 2014, 11:30 AM

~マルチサイトオプション、会計機能の拡張、クラウド・コンプライアンスの強化、Infor 10xとの統合により製造業ユーザーのアジリティを強化~

インフォアジャパン株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:尾羽沢功、以下、インフォア)は、世界中で5,000以上の企業が採用している製造業向けERPの最新版「Infor SyteLine 9」を、日本市場を対象に提供開始します。Infor SyteLine 9には、インフォアの最新テクノロジーであるInfor 10xプラットフォーム、Infor Ming.le™、Infor ION、Infor Business Intelligence(BI)が組み込まれています。

Infor SyteLine 9では、マルチサイト(複数拠点)での事業展開向けの柔軟なオプションの追加、クラウドでの導入・開発の強化、会計機能の拡張、生産管理システムの強化を行っています。また、とりわけ製造業向けには、直接業務・間接業務を共に向上させるための機能強化、法規制へのコンプライアンス対応、エグゼクティブ向けのレポート機能を強化しています。自動車、産業用機器、ハイテク、プロセス製造業/組立製造業などの業界ユーザーは、顧客需要の監視、納品日程のスケジューリング、リソースの追跡をサプライチェーン全体で実行できます。

「SyteLine 9」の主な新機能:

  • マルチサイトシングルインスタンスの対応、マルチサイト機能の強化 - 従来の複数サイトをそれぞれのデータベースに格納する方法に加えて、複数サイトを単一のデータベースに格納することが可能となりました(マルチサイトシングルインスタンス)。これにより、複雑な環境やIT要件に対応し、特定のニーズに最適な実装方法の選択が可能になります。また、マルチサイト機能を強化し、製品の調達や、複数拠点に分散している重要データの表示機能を強化することで、データ管理がシンプルになっています。
  • クラウドでの導入・開発を強化 - Infor SyteLineでは、クラウドでの導入と開発への対応を強化しました。データ管理ウィザードなどの新機能により、新しいデータ構造やアプリケーションフォームの開発にかかる時間の短縮、スムーズな導入、アプリケーション拡張の操作性の向上を実現しています。この機能は、短期間でシステムの運用を開始したい小規模な企業で威力を発揮します。クラウドでの導入は高価なハードウェアやテクニカルサポートが不要で、所有コストを低減できるというメリットもあります。
  • 会計機能の拡張(複数元帳の対応) – 新たにIFRS(国際会計基準)などに対応するため複数元帳をサポートしました。総勘定元帳から会計期、科目、通貨建てなどを任意に定義して報告目的別元帳を作成することができます。また、財務報告、管理報告、連結用の試算表、本社通貨建での報告などの各会計GAAPを吸収するための整理仕訳を、元帳別に記帳する事が可能となりました。これにより、ビジネスモデルに最適な方法で会計ニーズを満たすことができます。
  • コンプライアンス対策の強化-キャンペーンや割引の管理機能の追加 - “キャッシュバック”などのキャンペーンや割引の管理機能が追加されました。管理だけではなくキャンペーンや割引に伴う会計処理も自動化します。競合他社との差別化に顧客向けキャンペーンを展開する場合に役立ちます。
  • サーチャージ機能の追加 - 市場価格で変動する製品に対して相場データから値を取得して動的に製品価格を再計算する機能を追加しました。素材関連の商社・製造業を中心に必須な機能で、サーチャージ(加算金)を把握し、適切なアクションを決定できます。 -ユーザーがコンプライアンスプログラムを定義する機能を追加しました。これにより、社内のコンプライアンス状態を追跡し、RoHSやREACHに向けたレポートを作成できます。さらに、さまざまな法規制の管理と遵守に必要な作業を軽減できます。

インフォアは今後もInfor SyteLineにおいて、製造と流通をサポートする幅広い機能と、マイクロバーティカルに特化した機能の提供に取り組みます。

また、インフォアは、7月24日に下記の要領で、製造業のIT担当者を対象に、最新のInfor SyteLineの詳細を説明するセミナーを開催します。

ERPの効果的な導入手法セミナー ~導入方法論と導入コストの実例~
【日時】 2014年7月24日(木) 14:00~17:00
【場所】インフォアジャパン株式会社 セミナールーム
地図
【対象】 製造業 IT担当
【内容】アベノミクスの効果もあり、円安傾向になっても海外事業展開・設備投資は益々進んでいます。海外展開事業のシステム構築において言語、商習慣、税制など各国の要件を自社開発する事は非常に困難作業であり、多国間に展開可能な弊社ERPパッケージのお問い合わせも急速に増えております。同様に日本国内業務においてもTPPへの参加などを見据えた多国籍間の業務に耐えるシステムをご検討されている企業の皆様も多くいらっしゃると思います。そこで、ERPパッケージの導入にかかる実際の費用はどの程度必要なのか? 期間・導入体制・必要な機器は? 本セミナーでは、失敗しない為にはどのような方法論を用いたらよいのかなど、何かと不透明と言われているERP導入作業・費用の全貌を大公開します。業務改革とERP(Syteline)導入を成功させるための(導入経験による)具体的方策、サイトラインの導入に必要な体制・期間・費用モデルと導入費を抑える秘訣をお伝えします。
【お申し込み方法】下記URLよりお申込みください。
http://www.infor.jp/events/20140724seminar

■インフォア、インフォアジャパン株式会社についてインフォアは、200カ所以上の国と地域で70,000社以上のお客様に、エンタープライズ アプリケーションとサービスを提供し、企業成長と変化するビジネスニーズへの迅速な対応力強化を支援する、世界第3位のプロバイダーです。インフォアは、画期的なテクノロジーを使って、ビジネススピードを強化するように設計された専門性の高い業種特化型アプリケーションを提供しています。インフォアのソリューションは、リッチなユーザーエクスペリエンスで、クラウドやオンプレミス、あるいはその両方でも利用できる柔軟な導入オプションを提供しています。インフォアジャパン株式会社は、米国インフォアの日本法人として、様々な分野に精通したチャネルパートナー企業を通じて、各種エンタープライズ・ソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。詳しくは www.infor.jpをご覧ください。

「Infor SyteLine」について
「Infor SyteLine」は、組立加工型製造業を主な対象とした、柔軟性のある高機能な包括的ERPです。業務特化型機能が備えられ、生産、ロジスティクス・在庫管理、購買・受注、財務といった中核業務プロセスの効率性を向上させます。全世界で5,500サイト、日本で200サイトに導入されており、そのほとんどの企業において販売、在庫、生産管理分野で利用されています。 詳細は、URL:http://www.infor.jp/product_summary/erp/ERP-SL/をご覧ください。

【報道機関のお問い合わせ先】

インフォアジャパン株式会社
マーケティング本部 藤野・北村
TEL:03-4520-0700
E-Mail:Infor.JapanInfo@infor.com

インフォアジャパン株式会社 PRデスク(株式会社アクティオ内)
担当者: 垣本、東、福澤 TEL:03-5771-6426
E-mail: Inforjapan-pr@actioinc.jp

Filed Under
  • Press Releases
Region
  • APAC
Let’s Connect

We'll be in touch.