CloudSuite EAM

グローバルな設備保全、修理・保守管理の要件に標準対応するクラウドEAM

設備資産管理をデジタル化する

Infor CloudSuite EAMは、グローバルな生産設備や倉庫設備、大型施設、鉄道・バス・輸送車両などの設備保全、修理・保守管理の要件に標準対応するクラウド設備資産管理(EAM)です。予備品の購買・在庫、保全作業員の工数管理、予防保全、予知保全、モバイル対応などの設備資産管理に特化しています。

資産の取得から稼働、保全、廃棄にいたるまでのライフサイクル全体にわたって情報を一元管理し、予防保全、予知保全を実施することで、予期せぬダウンタイムをなくして稼働率を最大限に高めます。さらには環境や安全性についてのコンプライアンス規制にも対応し、保全業務全般をデジタル化することで設備資産を新しいレベルへと引き上げることが可能な次世代の設備資産管理ソリューションです。

ニッチな分野に特化した製品は、ビジネスの成長に合わせて拡張することができません。またERPのアドオンモジュールには、膨大なカスタマイゼーションが必要です。インフォアのEAMなら、お客様の進化に合わせて柔軟に変革、拡張することができます。

特長

  • 設備機器の保全にかかわる業務コスト(購買プロセス、材料費、労務費など)を削減
  • 在庫を監視、補充、調整し、正しい部品が注文されているか確認し、納品情報、業者ごとのパフォーマンス、支払状況、物品の受領などをトラッキング
  • 作業のスケジュール、人員の割り当て、必要資材の確保、人件費を削減
  • 新規設備コスト、エネルギー消費量の削減
  • 仕様、保証、サービス契約、予備の部品、購入日、耐用年数など、機材や資産に関するデータを可視化して信頼性とパフォーマンスを最大化
  • 予防保全で生産ダウンタイムを低減、車両の稼働率をアップ
  • 業界規制が要求するさまざまな記録、承認事項、署名を電子的に保存し、コンプライアンスに関するリスクを削減

設備保全に特化したクラウドEAM

時は金なりです。保全プロセスと担当者の効率を向上させることは、保全業務をコストセンターから競争力のある差別化要因に変える最も確実な方法です。CloudSuite EAMは、革新的なワークフロー、アラート管理、人工知能、モビリティ、分析機能、IoT、ドローン技術を取り入れることで、設備資産状況のモニタリングを自動化しています。CloudSuite EAMは、すべての設備資産データを1つの統合リポジトリに統合し、生産性と収益性の向上を支援します。

55分

First Transit社の技術者当たりの1日の作業時間短縮

12倍

CERN社の保全担当者の派遣スピード改善

25%

Ring Container 社が18のデータベースをリプレイスして削減した在庫

大型ハドロン衝突型加速器は、人類がこれまでに建設した中で最大かつ最も複雑な機械です。CloudSuite EAMを使って、本番稼働中の資材と設備資産の管理および保全を行っていますが、ソフトウェアを変更することなく、基本的なサポート構成で実行できます。

CERN、エンジニアリングプロセスサポート責任者
DAVID WIDEGREN氏

保全活動の生産性を最大化する

設備資産管理

  • 設備台帳管理、資産の階層管理
  • プラント設備や生産機械、建物などの取得から稼働、保全、廃棄にいたるまでのライフサイクルを統合管理
  • 多言語・多通貨対応。グローバルに複数の言語や通貨で、資産を確認・管理
  • 製造業、エネルギー、医療、公共部門などの業界に固有のエディションを用意

テクノロジー

  • 業界初の完全なWebアーキテクチャで開発された設備資産管理システム
  • 標準的なインターネットブラウザで、いつでもどこからでもアクセス可能
  • 外部アプリケーションを使用せずにCloudSuite EAMとシームレスに接続
  • モバイル対応

設備保全・作業管理

  • 突発故障を減らして設備全体のダウンタイムを短縮
  • 事後保全から予防保全や状態監視保全へ転換
  • 保全作業の効率的な優先順位付け、計画/指示/実績を一元管理
  • 予備品の在庫管理・発注点管理
  • プロジェクト管理、予算管理
  • 検査、校正、監査証跡

現在、以下の製品をご利用中のお客様には、Infor CloudSuite EAMが最適なクラウドソリューションです:

  • Infor LN
  • Infor CloudSuite Industrial (SyteLine)
Let’s Connect

弊社よりご連絡いたします。

Or connect via: Linkedin