Supply Management

GT Nexusネットワーク上のすべてのサプライチェーンを整える

バイヤーとサプライヤのコラボレーションが重要

インフォアのSupply Managementは、バイヤーが多層ティアのサプライヤとネットワーク上で情報共有し、コラボレーションすることで、計画や予測、納期の確定を行えるように支援し、動的な需要に対応できる能力を高めます。ネットワーク上でサプライヤとすぐにつながることで、需要と供給のバランスをいち早くキャッチし、問題があればプロアクティブにアラートで通知を受け取ることで、迅速に解決のためのアクションを起こすことができるようになります。その結果、オンタイム納品率を高め、サイクルタイムを短縮し、在庫コストを削減することができます。

特長

  • 複数関係者と多層ティアサプライヤとのコラボレーション
  • 複数レベルで情報を共有化してコラボレーション
  • 需要と供給のアンバランスを早期に発見
  • 予測とオーダーパフォーマンスのトラッキング
  • サプライヤのパッキング、ラベリング、ASNを自動化

機能とメリット

機会損失につながる問題を見逃さない

サプライヤとデジタルにコラボレーションできるようになれば、問題を早期に発見してアラートで通達し、余計なコストをかけて早急な対応に追われることなく、在庫切れや販売機会の損失を最小化することができます。このようにプロアクティブにコントロールすることで、リスクを大幅に減らすことが可能になります。

顧客への直送

納品先となる顧客のコンプライアンス要件に合ったラベリングやパッケージングを、サプライヤが電子対応できるようにすることで、RFIDスキャンやパックなどの入庫プロセスが格段に速くなり、さらに自信を持って入庫品をすぐに顧客へ直送できるようになります。

見えることで信頼性が高まる

最新の需要シグナルに合わせて、過剰在庫にならないようにするためには、サプライヤと緊密にコラボレーションし、出荷や配送先を必要に応じて遅らせることも必要です。サプライチェーン上にあるすべての商品やパートナー、サプライヤーの状況を可視化することで、相互のコラボレーションと信頼関係を高めることができます。

お気軽にお問い合わせください。

弊社よりご連絡いたします。