350社を超える電力・公益事業者が信頼を寄せるインフォアのソリューション

電力・公益業界に特化

インフォアは、電力会社の発電・変電・送電・配電設備、上下水道装置、配管などの設備の健全性の監視、予測分析、予防保全、省エネ、最適な設備投資計画のために必要な機能を搭載した設備資産管理(EAM)ソリューションを提供しています。

資本集約型の電力・公益業界における設備資産の取得から稼働、保全、廃棄にいたるまでのライフサイクル全体にわたって、設備の健全性を確保し、エネルギー消費を最適化して最大効率で稼働させ、環境負荷を低減し、持続可能性を高めます。

課題1:安定した電力・水道供給の確保、インフラ整備

  • 電力システム改革への対応
  • 発電量と消費量の均衡
  • 老朽化した水道管の保全と水質の確保
  • 水道法への準拠、テロ対策施設の設置義務

課題2:エコ意識の高まりと需要の不確実性

  • 消費者の節電、節水意識の高まり
  • 給水・給電人口の減少
  • 需要家の営業時間短縮などによる不確実な収益

課題3:サービス・価格面の競争激化

  • 電力の自由化や発送電分離による競争激化
  • 脱炭素化・脱原子力・再生可能エネルギーへの取り組み

課題4:労働生産性の向上

  • 水道・電力設備が不足する海外地域への事業展開に対応できるスキルの高い人材の獲得
  • 人手不足による人件費高騰
  • IT活用による作業省力化と従業員への負担軽減
  • IT技術のある人材の確保と育成
  • デジタルネイティブ世代の若年層の労働力獲得

課題5:技術革新、デジタル化のための基盤構築

  • 海水淡水化計画・蓄電池・無線給電などの技術革新
  • スマートメーターやVPP(仮想発電所)、デマンドレスポンスなどの新しいテクノロジーの導入によるデジタル化

電力・公益業界に特有の業務要件に対応、ゼロカスタマイズ

電力

電力

上下水道

上下水道

再生可能エネルギー

再生可能エネルギー

インフォアは、電力・公益業界の細分類の業務要件に対応したソリューションを提供します。

電力・公益業界に特化したインフォアの設備資産管理(Infor EAM)は、需要家への安定供給と環境負荷低減のために重要な設備の予防・予知保全から予備品の購買・在庫管理、保全作業員の工数管理高度な予測分析モバイルによるリアルタイムなデータ連携など、あらゆる高度な機能を搭載したソリューションです。

モバイル、IoT、AIを活用してオペレーションを効率化

作業にかかる時間を短縮、常に完全かつ最新のデータで意思決定を改善

  • スマートメーターのデータ収集から請求までのプロセスを自動化
  • AIを使って非効率なプロセスを特定、ワークフローで作業を自動化
  • プラットフォームに依存しないネイティブなモバイル機能で、いつでも、どこからでも、スマホやタブレット、PC、キオスク端末などの任意のデバイスから、作業員の割当や作業指示、作業実績の記録が可能
  • 現場の技術者がオンサイトで作業オーダーや作業指示、GIS、文書、動画、図、画像、保証、メーカー仕様などのあらゆる情報に任意のデバイスからアクセス
  • 現場の監督者や技術者がモバイルでチェックリスト機能使って保全の実施手順を把握、作業計画を個々のステップに落とし込んで各ステップの進捗状況を確認
  • 保全を請け負う会社がポータル経由でセキュアにシステムにアクセスしてデータを入力、更新
  • プロジェクトのスケジュール策定や実行管理、支出の追跡管理、作業の進捗状況の監視、人的リソースの割当

事後対応的な保全から予測にもとづく保全への転換

潜在的な故障のサインを見逃さずに監視、早期に対応

  • M2M接続、最先端のセンサーやエッジデバイスから送られてくる年中無休のデバイス監視データの活用
  • 設備資産の潜在的なストレスポイントやピーク稼働時間、保全や交換部品の必要性を予測
  • 突然の故障に慌てるのではなく、初期症状にプロアクティブに対処、十分な情報に基づいて修繕の方法を決定設備の信頼性、持続可能性を向上、リスクを管理
  • エネルギー効率のベンチマークを実施して消費エネルギーを計算、比較

設備の信頼性向上で安定した供給を実現

デジタルプラットフォームで設備資産の信頼性と従業員の安全性を確保

  • 作業オーダーの履歴を基に設備機器の信頼性を自動計算、信頼性中心保全(RCM)を実現
  • すべての資産のリスク要因を定義して、資産の健全性を監視
  • AI搭載のワークフローであらゆるプロセスに安全基準を組み込み
  • 設備資産の状況の評価から残余耐用年数、サービス履歴、保全にかかった費用、交換する場合のコスト、サービス契約や保証など、設備資産の全体像を把握したうえで、設備投資の優先度を決定
  • 高度なアルゴリズムとデータサイエンスを使って将来の投資ニーズを予測、需要とキャッシュフローを並置して健全な財務計画を作成

高まる環境負荷低減を支えるテクノロジー基盤の構築

高コストなカスタマイズを伴う単なるフレームワークからの脱却

  • 電力・公益業界で求められるあらゆる設備資産管理要件に対応できる高度なEAMソリューションをクラウド、オンプレミス、またはハイブリッドのいずれの方法でも実装可能
  • 作業員の人員予算・配置計画、供給管理、財務管理などの他の主要な業務分野と統合し、すべてが連携してシームレスに作業できる環境を実現
  • FedRAMP(米国政府のクラウドサービスに関するセキュリティ評価・認証の統一ガイドライン)に準拠した安全かつ拡張性の高いクラウド上で運用
  • アプリケーションの切り替えを意識せずに、複数のアプリケーションにまたがって重要な画面やデータ、添付文書を簡単に共有。可視性を向上してリアルタイムな意思決定を支援
  • マルチテナントのクラウドの安全な共有インフラストラクチャでは、99.5%以上の極めて高いサーバー稼働率で、24時間365日の可用性を保証
  • より多くの容量が必要になった時には拡張し、オフピーク時には縮小することが可能
  • 業務を中断せずにアップグレード可能で、ビジネスの成長に合わせて柔軟に変更
  • クラウド移行によってハードウェアの購入が不要になり、アップグレードやシステム保守にかかるコストを削減

ワークフォース(人員)管理のデジタル化による労働生産性の向上

生産性の向上、労働基準の順守、顧客サービスの品質向上と人件費削減をバランス

  • テクノロジー活用による自動化で従業員の作業を省力化。モバイル活用でデジタルネイティブ世代の従業員の満足度を向上して定着率を改善
  • 固定給/時給、常勤/パートタイム、営業/内勤など、あらゆるタイプの人員管理に対応
  • 予測される需要をもとに人員予算をボトムアップで作成、ワークフローによる申請・承認作業の自動化、実績との比較で予算を見直すプロセスを自動化
  • 勤務可能時間や残業実績、シフト希望、就労規則などのあらゆる制約を考慮して需要を満たす最適な人員シフトを自動作成
  • モバイルの打刻ソリューションを使って出退勤データを記録しリアルタイムに実際労働データを収集
  • 勤務スケジュールの確認、勤務可能時間の更新、同僚とのシフト交換、打刻、休暇申請、休暇残日数の確認といった作業をスマートフォンで実行
  • 人員のパフォーマンスを一目で確認できるビューを使って従業員の作業負荷や作業の進捗状況をリアルタイムにモニタリング。
  • コンプライアンス違反や超過勤務、予算差異などの労働問題を管理者に通知して問題を未然に回避
  • 計算ルールや条件を定義して、複雑な給与計算処理を自動化

コンプライアンスと監査可能性の確保

高度なデータセキュリティと不正防止機能でコンプライアンスを確保

  • 検査、チェックリスト、性能基準、ラボ試験、報告書などの複雑な規制プロトコルに対応
  • 高度なレポート機能と完全な監査証跡でコンプライアンスを担保
  • 北米の電力会社のセキュリティ標準「NERC CIP」、NISTのサイバーセキュリティフレームワーク(CSF)、米国の国際武器取引規則 (ITAR)、CMMC(サイバーセキュリティ成熟度モデル認証)、NERC(電力システムセキュリティ)などの規制要件に対応
  • ガバナンス・リスクコントロール機能を搭載、職務分掌による不正を防止

数字で見る効果

400%

保全作業の生産性改善

20%

設備機器の寿命延長

100万ドル

インハウスのシステム開発・保守にかかる年間コストを削減

電力・公益業界向けソリューション

業界に特化

Infor EAM

Infor EAMは、電力会社の発電・変電・送電・配電設備、上下水道装置、配管などの設備保全、修理・保守管理の要件に標準対応する設備資産管理(EAM)ソリューションです。企業の保有する資産(アセット)つまり、設備や機械装置、建物、その他設備機器の取得から稼働、保全、廃棄にいたるまでのライフサイクル全体にわたって統合管理します。30年以上にわたる経験と全世界で10,000社以上のお客様に導入される実績を誇り、最新のテクノロジーで継続的に機能拡張しています。

特長

  • 突発故障を減らして設備全体のダウンタイムを短縮
  • 事後保全から予防保全や状態監視保全へ転換
  • 保全作業の計画/指示/実績を一元管理
  • 設備台帳管理、資産の階層管理、監査証跡、予防保全、作業管理、予備品の在庫管理・発注点管理、検査、校正、プロジェクト管理、予算管理など、広範囲にわたる業務を網羅
  • 業界初の完全なWebアーキテクチャで開発された設備資産管理システム
  • 標準的なインターネットブラウザを通し、いつでもどこからでも任意のデバイスからアクセス可能
  • 多言語・多通貨対応。グローバルに複数の言語や通貨で、資産を確認・管理
詳しくはこちら

Infor Workforce Management(WFM)

Infor WFMは、労働需要の予測から予算編成、スケジュール作成、勤怠管理、従業員のセルフサービス機能、コンプライアンス管理、人員配置のパフォーマンス管理に至るまで、あらゆるモジュールを統合し、デジタルプラットフォーム上で構築したクラウドソリューションです。

デジタルとソーシャルのテクノロジーを基盤し、リアルタイムにデータを活用して予測的にワークフォースを分析することが可能な「デザイン思考のWFM」で「新しい働き方」に対応することで、従業員のエンゲージメントと定着率、顧客へのサービスレベルの改善、人件費の削減を実現することができます。

特長

  • 人員予算の申請・承認プロセスをワークフローで自動化。パフォーマンスの実績や生産性標準、生産性を左右する要因をもとに、予測される需要に対応するための人員予算をボトムアップで作成
  • 高度なスケジューラーで、あらゆる制約を考慮して需要を満たすために必要な人員を自動的に割り当て
  • 従業員の出勤実績を管理し、休暇の申請・承認を自動化。また、実際の労働時間や労務データをリアルタイムにチェックし、時給をもとにした税引き前の給与総額の計算を自動化
  • 従業員は、タイムシート、シフト交換、資格の照会、個人データ管理、担当業務の変更などを確認できる従業員と管理者がセルフサービスで利用できるツールを提供
  • モバイル機器から勤怠の打刻やシフトの計画・確認、休暇申請・承認などのワークフォース関連のタスクを実行
  • 人員のパフォーマンスを一目で確認できるビューを使って、意思決定に必要な運営状況の概要を把握
  • コンプライアンス違反や超過勤務、予算差異などの労働問題をアラートで通知して問題を未然に回避
詳しくはこちら

お気軽にお問い合せください。

弊社よりご連絡いたします。

Or connect via: Linkedin