Skip to Content

研究開発の価値を最大化し、製品開発を迅速化する

Infor PLM for Process(Optiva®)は、食品・飲料、化学、ライフサイエンス業界に特化した製品ライフサイクル管理システムです。製品のデータとプロセスを組織全体で統合管理することで、製品開発から製造までのプロセスを自動化、効率化し、業界規制や報告書義務、ラベル表示に関する法律、原材料のトレーサビリティなどへのコンプライアンスを担保できるように支援します。

主要分野における効果

関係者全員のコラボレーション

コンセプト設計から開発、最終承認に至るまで、製品やプロジェクトに関するすべての情報を一元化し、プロジェクトデータを可視化して、すべての関係者が効果的に連携することができます。

ラベリングの自動化

業界固有や各国のラベル表示規制、マーケティング要件を満たすラベリングをルール化して、自動化することができます。

進化する規制コンプライアンスに対応

食品の原材料表示、製品処方などを継続的にモニタリングし、規制や顧客へのコンプライアンス要件を満たすことができます。

新製品開発サイクルの迅速化

サプライヤとより緊密に連携し、新製品の導入および製品開発プロセス全体を管理して、新製品開発サイクルを迅速化することができます。

製品データとプロセスの統合

ERPシステムとシームレスに連携して、組織全体にわたって製品に関わるデータとプロセスを統合し、製品移管する1つの真実のバージョンを活用することができます。

コストの最適化

製品の処方、レシピ、パッケージなどのシミュレーションやモデリング機能を使って、目標とする仕様を
可能な限り低コストで実現することができます。

市場投入までのスピードは非常に重要です。超競争的な業界にいる私たちは、常に次なるビッグ・チャンスを探しています。タイムラインが短くなり続ける中で、Infor PLM for Processによって、KDPはより迅速かつ容易に新製品を市場に投入できるようになりました。

Keurig Dr Pepper社、R&Dナレッジ管理担当シニア・マネージャ
Bob wimpfheimer氏

成功事例

英国の多国籍消費財企業であるReckitt Benckiser (RB) 社は、Infor® PLM for Processで近代的なPLM機能を導入し、安全性とコンプライアンスをグローバルに強化し、開発から製造に至るまで、製品に関する1つの真実のバージョンを手に入れました。

詳しくはこちら(英語)

コラボレーティブなプロジェクト管理

  • ステージゲート法を統合
  • ガントチャート形式のビューでプロジェクトの状況を把握
  • 組織全体で製品に関わるデータとプロセスを完全に可視化
  • 新製品のコンセプト設計から既存製品の継続的改良に至るまで、さまざまなアプリケーション、チェック機能やワークフローと統合して連携

規制コンプライアンスへの対応

  • 食品、化学品、その他の消費材製品のラベル表示や栄養表示など、世界中の規制コンプライアンスに対応
  • 原材料、アレルゲンなどのレシピ管理をグローバルに統合
  • コンプライアンス対応をルールベースで自動化

コストの最適化

  • レシピ/処方を最小コストで最適化
  • What-ifシナリオでシミュレーションし、ベストなマージンを決定
  • ERPとの連携でコストに関するインサイトを入手

数字で見る効果

3,500件

FDAの栄養ラベリング規制で影響を受ける包装ラベル数

50%

1製品の栄養ラベル作成に要する時間を短縮

88%

栄養ラベルの記載内容に関する手戻りを削減

Infor OS

インフォア製品だけでなく、オンプレミスやマルチクラウドの混在するハイブリッド環境における様々なサービスをシームレスに接続するクラウド・オペレーティング・プラットフォーム

お気軽にお問い合せください。

弊社より近日中にご連絡いたします。

インフォアはあなたのプライバシーを大切にします.