Procure-to-Pay Automation

調達から支払までを自動化、会計業務を俊敏化する

コラボレーションでコストを下げる

データが爆発的に急増するにつれて、そのデータ品質を維持し、データ処理を効率化するのは、ますます負荷のかかる複雑なプロセスになっています。しかし、この膨大なデータを適正に管理できれば、新しいチャンスへの扉が開かれます。インフォアのGT Nexusネットワークは、お客様が異種混合のERPや分散したシステム環境であっても、調達から支払までのプロセスを合理化し、唯一無二の信頼できるデータを提供します。取引に関する文書の作成からオーダー管理、関係者とのコラボレーションにいたるまで、誰にとっても透明性の高い、コンプライアンスを満たしたトランザクションを実行することで、バイヤーとサプライヤの双方のコストを削減します。

特長

  • グローバルに取引先の候補となるパートナーのオンボーディングを支援
  • 決済にいたるまでのプロセスを自動化
  • 文書の照合、請求書の承認プロセスを自動化
  • チャージバック管理を統合
  • ロジスティクスプロバイダーと金融サービス機関が集うコミュニティ

機能とメリット

オーダー管理とコラボレーション

ネットワーク上で、常に取引関係者がオンラインで状況をシェアし、変更や問題があれば即座に通知して状況をアップデートすることで、在庫切れを回避し、急ぎの出荷対応に追われることもなくなります。交渉や変更をオンラインでやり取りし、その結果のデータをERPへ反映させることで、すべての関係者が同じ情報で同意できるようになります。

請求管理

サプライヤは、購買オーダーやパッキングリストから請求書を作成することができるようになり、請求プロセスを効率化し、人的エラーをなくすことができます。請求情報は、電子的にERPやブローカー、LSPに受け渡され、すべての関係者が正確に処理できるようになります。

グローバルな支払とチャージバック管理

支払処理とチャージバックサイクルをグローバルに自動化することで、トランザクションの透明性と精度を確保し、プロセスにかかる時間とコストを削減します。取引先との摩擦をなくすことで、サプライヤとの関係を改善し、サプライチェーン全体のパフォーマンスを高めることができます。

お気軽にお問い合わせください。

弊社よりご連絡いたします。