Skip to Content

資産管理とインダストリー4.0技術の融合~メンテナンス4.0~

5月 30, 2021 By インフォアジャパン、マーケティングディレクター 北川 裕康


産業革命以降、製造プロセスは、自動化を特徴とするいくつかの革命を経てきました。現在、第4次産業革命と呼ばれるインダストリー4.0では、ビッグデータと機械学習を活用して、スマートで高度に自動化されたプロセスが推進され、スマートファクトリーを実現しようとしています。

これと同様の進化が、資産管理にも起こっています。インダストリーの進化に合わせて、現在はメンテナンス4.0です。メンテナンス4.0は、これまで手作業で行われていたメンテナンスプロセスをデジタル化するだけでなく、データの力を活用して、資産がいつ故障するかを予測し、修復プロセスを自動的に指示することを可能にします。実際、米国PwC社の調査によると、これらの技術をすでに導入している企業のうち、95%が具体的な成果を実感しています。

ここでは、メンテナンス成熟の歴史をみたいと思います。

メンテナンス 1.0

目視検査で問題を検出し、メンテナンス1.0レベルの組織は、問題を検出するための目視検査に依存し、メンテナンスをリアクティブに管理しています。資産が故障するまで稼働させ、CMMS(メンテナンス管理システム)やEAM(設備管理)を使用して修理を管理します。

メンテナンス2.0

ここでは、組織は予防的なメンテナンスを行います。予めスケジュールされた時間間隔で機械をメンテナンスすることで、故障を回避しようとします。予防的メンテナンスの取り組みは CMMSやEAMで管理することができます。

メンテナンス3.0

メンテナンス3.0は、センサーを使用して資産をリアルタイムで監視し、アラートを送信します。これは、メンテナンス成熟度モデルの条件ベースおよび予測メンテナンスに相当します。

EAMシステムは、これらのアラートを使用して、初歩的なタイプの予知保全を行います。

メンテナンス4.0

メンテナンス4.0は、センサーからのビッグデータを管理するAPM(アセットパフォーマンスマネジメント)ソリューションに依存しています。このビッグデータを管理し、分析を行うことで、資産がいつ故障するかを正確に判断し、予測保全を強化します。また、APMは予知保全のワークフローを自動化することで予測される問題を未然に解決し、資産の故障を回避することができます。


メンテナンス4.0を実現するためには 進化するテクノロジーソリューションに頼らなければなりません。ITによるメンテナンス管理システム(CMMS)は、メンテナンス技術者、プロセスオペレータ、品質・食品安全スタッフの作業トランザクションを自動化します。

企業資産管理(EAM)ソリューションは、CMMSの機能を資産レジストリで拡張します。資産に関連するすべてのデータを一元管理し、エンジニアや調達担当者が EAMソリューションでCMMSの機能を拡張するものです。今日、EAMは アセットパフォーマンスマネジメント(APM)の機能が追加されています。膨大な量のセンサーデータを取り込んで、予測とリスクモデリングを実行します。リスクモデリングを行うことができます。このようなAPMソリューションにより、企業は次のことが可能になります。

  • 機器の故障を予測し、プロアクティブな意思決定を行うことで、安全性の向上、労働力や資材の管理の最適化、資本予算計画の強化
  • これにより、安全性の向上、労務・資材管理の最適化、資本予算計画の強化を図ることができます。

詳しくは、当社主催 オンラインセミナー「Maintenance 4.0で攻める設備資産管理の実践方法」にぜひ参加ください。

以下のフィルターで検索
  • Asset management
  • Manufacturing
  • Technology
  • Trends
業界
  • 自動車
  • 航空宇宙・防衛
  • 化学
  • 流通・卸売
  • エネルギー
  • ファッション
  • 食品・飲料
  • ハイテク・電子・電機
  • ホテル
  • 産業用機械・装置製造
  • 工業用製品・素材加工
  • ロジスティクス・3PL
  • 石油・ガス
  • 小売
  • 交通
  • 電力・公益
製品
  • Infor EAM
地域
  • APAC
お気軽にお問い合せください。

弊社より近日中にご連絡いたします。

インフォアはあなたのプライバシーを大切にします.