組立製造業におけるマスカスタマイゼーション変革

Best Practice Guide
3月 22, 2021

組立製造業におけるマスカスタマイゼーション変革

~製品構成と仕様変更の柔軟性とスピードを高めるCPQの効果~

ヘンリー・フォード氏の有名な言葉「顧客の望む色はどんな色でも売ります--それが黒である限り」は、かつてないほどに適切でした。競争の激しい製造業では「既製品」は通用しません。現代の顧客は、もはや製造するためだけに機械を購入するというよりは、むしろ個別に製品バリエーションを作るための柔軟性を購入しています。

顧客の望むカスタマイゼーションは単純で、低コストで入手しやすい材料、あるいはすでに手元にある材料を使って、製品に小さな変更を加えるだけで済むかもしれません。あるいは、大幅な設計変更、サプライチェーンの変更、新しいコスト構造が必要な大規模なカスタマイゼーションが必要かもしれません。いずれにしても、製品ポートフォリオの一部として成功させるためには、規格品と同じレベルの品質と利益率でカスタマイズ製品を提供できなければなりません。

本ガイドは、マスカスタマイゼーション時代において、非常に複雑で資本集約的な受注生産品を提供する組立メーカーが、受注生産品を効率的に設計、販売し、魅力的かつ収益性のある価格で提供するために取り組むべき業務改革について解説しています。

詳しくは本書をダウンロードしてご覧ください。

Th How to effectively design sell and deliver configured products Best Practice Guide Japanese 457px

フォームに必要な情報をご入力の上、ダウンロードしてください。

* は必須入力です。

インフォアはあなたのプライバシーを大切にします.

お気軽にお問い合せください。

弊社よりご連絡いたします。

インフォアはあなたのプライバシーを大切にします.