インテリジェント・プロセス・オートメーション

最新テクノロジーによるハイパーオートメーション

インフォアのIPA(インテリジェント・プロセス・オートメーション)は、従来のスクリプトベースのRPAとは異なり、実際の業務データから履歴や傾向、その他のデータパターンを学習し、機械学習モデルを自律的に更新することで、継続的に自動化プロセスを最適化します。

現場が使えるモデリングツール

シチズン開発者向けの使いやすいUX

システム全体をコントロール

すべてのアプリケーションにわたってプロセスをオーケストレーション

デジタルアシスタンスによるプロセス自動化

スマートデバイスから音声による対話型の自動化プロセスを起動

文書の回覧フローの自動化

メール、スキャナ、コピー機などからキャプチャした文書を自動化フローに組み込み

世界中の組織が、業務効率を改善し、アプリケーションに付加価値を与えるためにIPAに注目しています。インテリジェンスとオートメーションは、今では 「あれば良い」 というよりも 「なくてはならない」ものと考えられています。

IDC、リサーチマネージャー
ALEXANDROS STRATIS氏

主なメリット

コスト削減

コスト削減

業務効率化

業務効率化

人的ミスの削減

人的ミスの削減

より価値の高い作業へ人員をシフト

より価値の高い作業へ人員をシフト

インフォアのインテリジェント・プロセス・オートメーション(IPA)

人工知能プラットフォーム

  • MLモデリング
  • 自動トレーニング
  • 体系的なデプロイ
  • ゼロ・ダウンタイムのアップデート

自動化エンジン

  • ビジュアルなプロセスモデリング
  • MLの洞察とダイレクトに接続
  • 予測をベースとしたルーティング(経路設定)
  • エンタープライズエコシステム全体に接続

インテリジェントなエクステンション

  • 外部アプリケーションとの接続
  • スマートで新しいプロセスやソリューションの開発
  • ビジネスネットワークの洞察を入手

クラウド移行の3つの方法

お客様のビジネスの戦略的な優先課題に最も近い分野から段階的にクラウド移行を始めることができます。

コアの業務をクラウドへ移行

会計、受注、購買、生産、在庫、流通管理などの基幹業務をクラウドへ移行します。常に最新のテクノロジーと機能を活用してビジネスを革新することが可能になります。

特定分野をクラウドへ移行

設備資産、サプライチェーン、ワークフォース、製品ライフサイクル、倉庫管理などの主要な業務分野に範囲を限定してクラウドへ移行します。短期間で成果を達成し、リスクとROIを均衡させることが可能になります。

データをクラウド移行

ハイブリッド環境におけるデータ統合、データレイク、BI、AI/MLを活用した分析と洞察を優先し、データをクラウドへ移行します。組織全体のデータを集約して、情報のサイロをなくし、データドリブンな意思決定を実現することができます。

お客様に最適な方法でクラウドへ移行することが可能です。
クラウド移行の方法について詳しくはこちらの電子ブックをご覧ください(英語)>
お気軽にお問い合せください。

弊社よりご連絡いたします。