コラボレーションによる迅速なイノベーションと柔軟性の加速

2月 17, 2021 By インフォアジャパン、マーケティングディレクター 北川 裕康


菅義偉首相が二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出を2050年までに実質ゼロにする方針を表明、若者の車離れ、急速に拡大する環境意識の高い消費者層、自動化の推進が新たなニーズと課題を生み出す中、自動車メーカーは、自動車の安全性を確保しつつ、イノベーションと最先端の機能を消費者市場に迅速に導入しようとしています。自動車業界では、イノベーションのための3つの主要な投資カテゴリーとして、以下のようなものがあります。

  • 自律走行車/自動運転支援
  • 電気自動車
  • カーエンターテイメント/インフォテインメント

多くの場合、これらのイノベーションの分野は、従来の自動車メーカーにとって対応が始まったばかりであり、以前はサービスが提供されていなかった消費者層を獲得するために、生産能力を迅速にスケールアップする能力が必要とされます。

ResearchAndMarketsによると「世界の自律型/ドライバーレス自動車市場は2019年に241億ドルと評価され、予測期間である2020~2025年には18.06%のCAGR(年平均成長率)を予測」 しています。先進運転支援システムの利用が急速に拡大しており、自動車メーカーによって、過去5年間で500億ドル以上が投資されています。

より多くの自動車メーカーが、二酸化炭素排出量を削減し、電気自動車のラインナップを拡大するという大胆な目標を設定していますが、このシフトには製造プロセスの大幅な変更が必要となります。 アライド・マーケット・リサーチは、世界の電気自動車市場は今後も23~28%のCAGR(地域による)で成長を続け、2027年には8,000億ドル以上に達すると予測しています。

さらに、自動車にIoT接続性を追加することは、自動車メーカーにとっては、2020年に販売される乗用車の80%がネットワークに接続されていることになります。私の車も、モバイルネットワークに接続されており、iPhoneからドアやサンルーフの状態を見たり、燃費を確認したりすることができます。IoT接続性を追加するには、消費者は、多くの場合、そのような後方視界カメラなどの規制要件になるパーソナライズされた高度なインフォテインメント機能を要求し続けています。

急速なイノベーションにおけるサプライヤーの役割

グローバルなサプライヤーのプールに大きく依存している業界にとって、イノベーションはこれらのパートナーへの依存度を高めますが、新しいプレーヤーとの馴染みのない関係は、信頼を育み、信頼を築くのに時間がかかります。 信頼が得られるまでは、品質保証対策の実施に時間がかかるため、当初はチャンスよりもリスクの方が大きいかもしれません。 ただ、現在の半導体不足の問題のように、リスクも顕在化します。

単純な部品から複雑なハードウェア、ソフトウェア、サービスまで、あらゆるものを提供しているサプライヤーは、品質の高いプロバイダーと協力して成功を維持することが不可欠です。 言うほど簡単ではありませんが、戦略的な調達計画に基づいて適切なサプライヤーネットワークを構築することで、サプライヤーの数を減らし、部品の標準化によって複雑さを解消することができます。

さらに、自動車メーカーは、サプライチェーン全体のリアルタイムの可視性と接続を可能にすることで、信頼と協力を加速させ、サプライヤーとメーカーの間の共同イノベーションへの扉を開くことができます。今日の消費者は、美観、安全性、運転体験など、さまざまなオプションや機能から選択するようになっており、このような共同革新を促進する能力はこれまで以上に高まっています。

今後、サプライヤーはますますROIで評価されるようになり、コストや価値といった従来の評価基準はあまり重視されなくなり、戦略的なサプライヤーの選択は競争上の優位性とみなされるようになるでしょう。Kraljicマトリックスとサプライヤースコアカードをリスクと収益性の評価に活用しているメーカーは、「最低コスト」を求めるメーカーよりも、新製品を市場に投入するのに有利な立場にあり、品質に基づいて消費者の忠誠心を構築することができます。そして、利益(Profit)だけでなく、People、Planetという社会的、環境的な2Pの評価基準が求められてきます。

自動車メーカーが迅速なイノベーションを加速させる方法の詳細については、21世紀の自動車サプライチェーンのベストプラクティスガイドをダウンロードしてください。

以下のフィルターで検索
  • ERP
  • Manufacturing
  • Security & Compliance
  • Supply Chain
  • Trends
業界
  • 自動車
地域
  • APAC
お気軽にお問い合せください。

弊社よりご連絡いたします。

Or connect via: Linkedin