サプライチェーンのビジョン:継続的サプライチェーンの構築

4月 5, 2021 By インフォアジャパン、マーケティングディレクター 北川 裕康


どの業界においても、サプライチェーンマネジメントの一般的な課題と無縁ではありません。地政学的な争いや気候災害、世界的なパンデミックなどによる市場のかつてない不確実性と変動性を引き起こしています。最近では、スエズ運河の重要な区間でコンテナ船「Ever Given」が3月23日に座礁事故を起こしたことが話題となっています。今回事故に遭った「Ever Given」では、貨物はすべて無傷のままですが、船がスエズ運河の非常に狭い区間で座礁したため、他の貨物船がこの重要な海上貿易ルートを通って南北へ航行することが一切できなくなっています。

このことは、従来のリニアなサプライチェーンマネジメント戦略がもはや通用しないことを示しています。今こそ、企業中心の考え方を捨てて、サプライチェーンマネジメントにネットワーク化されたアプローチを採用する時です。

しかし、それは最初の一歩に過ぎません。
不確実性への対応だけでなく、サプライチェーンに関連するコストのあらゆる側面を最適化する必要性が、ビジネスにプレッシャを与えています。運転資金や期待されるサービスレベルに関連するコストを把握することは、業種や業界を問わず、かつてないほど重要な課題となっています。

企業やサプライチェーンの専門家は、これらの課題を克服するためには、可視性とトレーサビリティーが重要な要素であることを知っています。しかし、これらの能力を実現することは、ほとんどの企業にとって大きな課題となっています。これは、企業がプロセスを最適化しようとしているにもかかわらず、社内でサイロ化された部門で運営されており、取引先に対する透明性が欠けていることが原因です。

その結果、多くの企業がサプライチェーンをコラボレーティブなビジネスエコシステムに移行する必要性を認識しています。しかし残念ながら、多くの企業は、すでに実施されている他の投資と比較して、どこから始めればよいのか、どうすれば効果的かつ効率的に実施できるのか、悩んでいます。

サプライチェーン全体で見られる課題は、サプライチェーンがアジリティとレジリエンスの両方を構築する必要があることを改めて示しています。これにより、混乱や大きなショックが発生したときに適切に対応し、将来出現する可能性のあるビジネスモデルに適応することができます。

これは、計画、実行、感知、対応の間の曖昧なラインをサプライチェーンがうまく乗りこなせるような機能を模索することを意味します。つまり、需要の変化をリアルタイムで感知し、即座に行動する能力を導入することです。これは、サプライチェーンマネジメントの古い手法や考え方を捨て去ることを意味します。

サプライチェーンマネジメントの方向性について詳しくお知りになりたい方は、ベストプラクティス・ガイド「今日の需要を満たして未来を差別化する」をご覧ください。

以下のフィルターで検索
  • Manufacturing
  • Supply Chain
業界
  • 自動車
  • 航空宇宙・防衛
  • 化学
  • 流通・卸売
  • ファッション
  • 食品・飲料
  • ハイテク・電子・電機
  • 産業用機械・装置製造
  • 工業用製品・素材加工
  • ロジスティクス・3PL
製品
  • Infor Nexus
  • Infor SCM
地域
  • APAC
お気軽にお問い合せください。

弊社よりご連絡いたします。

インフォアはあなたのプライバシーを大切にします.